肌トラブル:女性ホルモンによる肌荒れに要注意!

 

肌トラブルの原因はさまざまですが、女性ホルモンが原因の場合は、”時期によって起こるトラブルが違う”という特徴があります。

これは、分泌される女性ホルモンに与える影響が違うためです。

”ドライな日とベタつく日が交互にくる”ニキビのできる場所が変わる”など、ひと月の間で変化のある人は、女性ホルモンが原因の可能性が高いです。

また、一般的に”美のホルモン”と呼ばれるエストロゲンが優位になる排卵期は調子がよく、逆にプロゲステロンが多い黄体期は荒れがちです。

好調期と不好調を繰り返すのもホルモンの特徴です。

美肌の敵である便秘も、女性ホルモンに原因のある可能性があります。

黄体期には、体が水分や老廃物を溜め込もうとするため、便秘になりがちです。

肌荒れにつながるので、解消につとめてください。

あなたはこんな肌症状を抱えている?

□ ベタつき&ドライ肌を繰り返す

□ 生理前になるとシミが濃くなる

□ 肌がほてり気味だ

□ アゴまわりにニキビができやすい

□ 毛穴が目立つようになった

□ 生理中は肌が乾燥する

女性ホルモンの分泌リズム

肌コンディションと女性ホルモンの分泌には、密接な関係あり。

時期別の肌の状態やケア方法を、それぞれチェック。

月経期

肌の状態は…

体から水分が失われ、急にドライ肌になり、乾燥が気になる時期になります。

逆にニキビが気になる人は、少し症状が和らぐこともあります。

おすすめケアは…

油分を補うのがコツです。

美容オイルや、セラミド、ヒアルロン酸配合のクリームを使うのが良いです。

潤いチャージ系のシートマスクも◎です。

卵胞期

肌の状態は…

肌に欠かせない、コラーゲンやセラミドの生成に関与する美のホルモン、エストロゲンが分泌されます。

そのおかげで肌は絶好調です。

おすすめケアは…

肌が絶好調な時期なので、新しいコスメや、フェイシャルエステにトライするのがおすすめです。

肌の力を底上げするスペシャルケアをしてください。

排卵期

肌の状態は…

ベストな肌コンディションの時期が終了します。

絶不調となる黄体期に向けて、徐々に肌荒れが目立ち始めるタイミングに突入します。

おすすめケアは…

ベタつきが強くなる黄体期に対処するための準備期です。

この時期から、徐々にサッパリ系のコスメに切り替えておくことがポイントです。

黄体期

肌の状態は…

肌にとって一番不調が出やすい時期です。

プロゲステロンが活発になり、ベタつきやニキビが出やすいです。

また代謝が悪く、肌がくすむこともあります。

おすすめケアは…

肌がベタつきやすいので、サッパリ系のコスメを使います。

肌のバリア機能が低下しているので、スクラブなど刺激の強いケアは避けます。

ツボを刺激して、肌質改善しよう

顔には、美肌をサポートしてくれるツボがたくさんあります。

女性ホルモンの分泌周期と悩みに合わせて、気がついたときに押してみましょう。

くすみやむくみを解消。

「耳下腺」を強めにプッシュ。

が悪くなる黄体期は、耳の下にあるくぼみの「耳下腺」というツボを親指で強めに押します。

老廃物が流れ、くすみやむくみが取れます。

肌のハリを取り戻す。

目の周り全体を優しく押す。

肌のハリがなく顔がたるみやすい黄体期のは、目の上、サイド、下をまんべんなく指で優しく押します。

肌をこすらないように注意してください。

肌に潤いを与える。

口角の横にあるツボを刺激。

月経前のドライ肌になりがちなときは、口角から1cm横にある、「地倉」というツボを人差し指で押します。

肌に潤いをプラスしてくれます。

美肌の大敵、便秘を解消するエクササイズ

黄体期は便秘による肌荒れにも注意必要です。

骨盤にアプローチして、便を出しやすくする簡単なエクササイズにチャレンジしてください。

骨盤の下にアプローチ

床に仰向けになり、膝を曲げ胸にぐっと引き寄せます。

骨盤がゆるみ腸の動きが活発になります。

生理期は子宮のうっ血も取れます。

左右10秒ずつ行います。

骨盤の上にアプローチ

椅子に座った状態で、背もたれをつかみ、上半身をぐっとひねります。

ズレた骨盤を戻すことで便が出やすくなります。

左右交互に10回以上行います。

生活習慣のアドバイス

骨盤を横に動かそう

便秘を解消するには、腸の動きを活発にさせることが必須です。

そのためには、骨盤を横にしっかりと動かすことができるフラフープやベリーダンスがおすすめです。

ほかにも、骨盤を正しい位置に戻す効果が期待できます。

動物性たんぱく質を毎日摂ろう

女性ホルモンの生成と、質のよい肌を作ることの両方に欠かせない栄養素が、動物性タンパク質です。(植物性は吸収が良くないです)

そのため、できるだけ毎日、肉、魚、チーズ、卵などを食べるように心がけましょう。

入浴は、半身浴より全身浴

肌荒れの原因である便秘解消には、背中温めて筋肉を緩めることが大事です。

入浴時に半身浴ではなく、肩まできちんと浸かる全身浴にトライしてみてください。

その際、40℃くらいのぬるめのお湯がベストです。