痔にかかっている女性が全体の1/3

 

男性の病気と思われがちな痔。

だが、実はあまり男女差のない病気です。

冷えによるうっ血や、便秘が原因になるので、女性もなりやすいのです。

日本人の2人に1人は、痔を持っているといわれます。

ダイエットで便秘がち、運動不足や薄着で冷えやすい…といった生活状態から、女性患者は増加中です。

不規則な生活をしている人ほど、かかりやすい病気です。

肛門は、血管が豊富に集まっているため、うっ血しやすく、腫れたり出血しやすいです。

軽度なら生活習慣に気をつければ改善します。

でも、放っておくと重症化してしまいます。

軽視せず、対策を。

どんな種類があるの?

痔には大きく分けて3つあります。

切れ痔といわれる裂肛、いぼ痔といわれている痔核、それに痔瘻。

なかでも女性に多いのは切れ痔です。

便秘が続くとなりやすいです。

便秘と下痢を繰り返している人は、切れ痔といぼ痔を併発することもあります。

切れ痔

便秘での硬い便が肛門を通るときに肛門を傷つけて起こります。

症状は、痛みと出血です。

ひどくなると傷が深い潰瘍になります。

下痢のときも短時間に何度も便が通過するために切れやすいです。

便秘薬を飲んで便秘を解消しようと下痢をしてしまうのは二重に悪循環と知っておいてください。

いぼ痔


粘膜にうっ血が起き、腫れている状態です。

冷えるなどで血行が悪くなることが原因です。

女性はホルモンの変動で冷えることがあり、月経前後に悪化するケースもあります。

小さいうちは無症状だが、大きくなると違和感があります。

さらに大きくなると肛門外に飛び出してきます。

痔瘻

肛門の、歯状線と呼ばれる部分のくぼみに細菌が入って膿が溜まります。

そのあと、膿の排出のための管が肛門周辺の皮膚に向かってできた状態が、この痔瘻です。

下痢を繰り返すことがきっかけになります。

とにかく痛いです。

専門医の処置を受けないと、症状は緩和されません。

痔にならないためには?

1日8時間睡眠

痔の予防は、つまり、冷えと便秘の予防です。

まずは規則正しい生活がベストです。

バランスのよい食事と、十分な睡眠が基本です。

気軽にストレッチを

血行をよくする、適度な運動を習慣にしましょう。

無理せずに、毎日できることを。

朝と夜、5分ずつのストレッチなどから始めてみては。

水を1.5リットル飲む

水分が足りないと便が硬くなり、便秘の原因になります。

食事から摂る以外に水やお茶で1日1.5リットルの水分補給をしましょう。

下半身を温める

冷えは痔の大敵です。

特に下半身を冷やさないようにしましょう。

入浴時に湯船に浸かることも大切です。

アルコールや香辛料を控える

香辛料は腸で吸収されないため患部を刺激、アルコールは腸の動きを弱めるため、うっ血の原因になります。

調子が悪いときは控えてください。

無理なダイエットはNG

食事を制限するダイエットは便の量を減らし、便秘を招くことになります。

下剤が入っているようなダイエット食品にも気をつけてください。

長引く場合は積極的に受診を

肛門科に抵抗感がある人は多いですが、痔のタイプによって治療方法は違います。

自己流では悪化させる恐れがあります。

異常を感じたら一度受診をしてください。

最適な対処法を知ることが大切です。

最近は、いぼ痔に対し、注目すべき新治療法も登場しています。

ジオンという薬を痔核に注射する方法です。

中程度のいぼ痔に有効で、術後の痛みもありません。

認定医のみ行える方法、興味がある場合は受診先の医師に確認してください。

間違えやすい病気って?

尖圭コンジローマ

ウイルスが原因の性感染症の一種で発症すると性器や肛門の周りに小さなイボができます。

いぼ痔と間違えやすいです。

違うのは痛みやかゆみがあまりないことです。

かかったら、肛門科、婦人科または性病科へ。

肛門周囲湿疹

簡単にいうと、お尻がかぶれた状態のことです。

雑菌による炎症や、ナプキンでの刺激が原因です。

強いかゆみが特徴です。

対策は清潔に保つことですが、石けんで洗うとかえって刺激になるので、水かぬるま湯で洗います。

大腸ポリープ、大腸炎、大腸がん

大腸ポリープは大腸にできる良性の腫瘍です。

大きくなると出血の原因にもなり、いぼ痔と間違えることもあります。

また、出血だけの症状で薬を使っても止まらない、量が増える、鮮血が出るというときも必ず胃腸科で検査を受けてください。

大腸炎や大腸がんの可能性もあります。