熱中病予防:汗をかき慣れていない人は要注意。

 

汗をかいたり、皮膚の表面近くの血流を増やしたりして熱を逃がす。

夏のうだるような暑さの中でも、人間の体は体温を一定に保つためにさまざまな工夫をしています。

ところが何らかの原因によってこの調節ができなくなり、体内に熱がこもってしまう。

これが熱中症と呼ばれる状態です。

子供や高齢者に多いと思われがちなトラブルだけれど、体調が悪かったり暑さに慣れていない人が、悪条件が重なれば若い世代にも起こり得るものです。

症状が重いと意識を失ったり、命に関わることもある熱中症です。

気分が悪くなったら、無理せずに休むなど、日頃から予防を心がけましょう。

熱中症を呼ぶ条件

気候

熱中症が起こりやすいのは、気温、湿度ともに上がった蒸し暑い日です。

体温が上がるうえに、気温と体温の差がなく、すでに空気中に水分がたくさんある状態で汗が蒸発しづらくなるためです。

日差しが強く、風が弱い。

そんな日は特に要注意と心がけてください。

 

体調

寝不足

睡眠がしっかりととれていないと、自律神経の働きが鈍って体温調節もアンバランスになります。

熱帯夜の翌日などは特に注意をしてください。

夏バテ

厚さで食欲がない…そんな時は、いわば軽い栄養失調状態です。

エネルギーも不足し、熱代謝もきちんと行われません。

お腹をこわしている

胃腸に不調がある時は、脱水症状になりやすいです。

汗になる水分がなく、体に熱がこもりやすいので注意してください。

+α

急に激しい運動

運動し慣れてない人は上手に発汗できないことが多く、急激な運動によって体に熱がこもってしまうことがあります。

長時間野外で運動

炎天下でのガーデニングやコンサート、遊園地での移動…。

こんなシチュエーションで熱中症は起きやすいです。

締めきった室内

クーラーをかけて昼寝中、タイマーが切れて、気づけば部屋がサウナ状態に…。

そんな環境も、熱中症の一因です。

熱中症の症状は?

熱失神、熱過労

水分不足で血流が減るうえ、熱を流そうと体表に血液が集まるため、脳への血流が足りなくなって、立ちくらみがします。

頭痛や吐き気などが起こることもあります。

□ 顔が青い、ぼんやりとする
□ 頭痛や吐き気がする
□ 体がだるく、動けない

熱けいれん

足がつったり、けいれんが起きます。

特に運動中によく見られる症状です。

汗でミネラルも一緒に排出されるため、塩分が足りなくなってこうした状態になります。

□ 足がつり、なかなか治らない
□ 太ももが突然激しく痛む
□ 脇腹が痛く、動けない

熱射病

体に熱がこもってしまう、重度な状態です。

歩けない、呼吸が荒い、意識がもうろうとして話しかけられてもこたえられない…という状態です。

すぐに処置が必要です。

□ 意識がはっきりしない
□ 過呼吸気味である
□ 体温が38℃以上ある

予防法

熱中症は、なってしまうと自分で処置するのが難しいこともあります。

起こさないのが一番です。

水分を摂るとともに、日頃から汗をかき慣れておくことも大切です。

汗をこまめに拭く。

肌の表面の汗をまめにオフすることで、汗の蒸発の効果をアップさせます。

ウェットティッシュなどを使えば気化熱効果でさらにクールダウンできます。

通気性の良い服を着ることも大切です。

水分を1リットルは摂る。

普通、体からは、汗などで1日約2リットルの水分が失われています。

夏は、汗をかくぶん水分不足になりがちな季節です。

喉の渇きを感じる前にこまめに水分を摂りましょう。

スポーツ時は塩分なども補給

汗を大量にかく運動時は水分にミネラルをプラスします。

スポーツドリンクと水を交互に飲んだり、レモンや梅干しなど酢っぱいものやしょっぱいものを時々口にするのも一案です。

半身浴をする

汗腺の働きが鈍いと汗をかけず、体温調節もしづらいです。

の効いた部屋にいることが多い人ほど取り入れたいのが半身浴です。

しっかり汗をかいて汗腺を刺激しましょう。

偏食をしない

あっさりしたものばかり食べていると、塩分や鉄分、タンパク質が不足しがち、いずれも労回復には欠かせない栄養素です。

商品はまんべんなく食べるよう心がけましょう。

なってしまったら?

自分で手当てができない場合もある熱中症です。

周りの人がなってしまった時に備え、処置法を知っていきましょう。

服をゆるめて木陰へ

とにかく、直射日光の当たらない涼しい場所へ移動させます。

寝かせて、衣服がきついようならゆるめて楽にします。

脳貧血を起こしていることも多いため、足の下に服などを置いてやや持ち上げ、頭に血流が戻る工夫をします。

冷やす

首の周りや腋の下、ももの付け根、膝の裏など、体表近くを太い血管が通っている場所を氷のうなどで重点的に冷やします。

濡れたタオルをかける、うちわであおぐのも体を素早く冷やすのに有効です。

水を飲ませる

意識があって、吐き気などの症状がないようなら、水を少しずつ飲ませます。

あれば、スポーツドリンクを薄めたものがいいです。

ミネラルを補給する子ことで回復も早くなります。

 

熱中症は紫外線を浴び続けることでもなる可能性があります。
紫外線は百害あって一利なしではなく一利はあります。
しかし、脱毛にとって紫外線による日焼けは禁物です。
脱毛についてはTBCのこちらのサイトが役に立ちます。
http://about-tbc.com