座骨神経痛:お尻のピリピリ感は要注意。腹筋や背筋を鍛えて!

 

椅子に座っとき、座面にごりごりと当たるような感触がある、お尻のとがった骨。

これを座骨といい、そのそばを通っている神経を坐骨神経といいます。

この神経に炎症などが起きて痛む症状を、総称して座骨神経痛といいます。

腰痛とは違って、お尻や、太ももの裏にしびれるような痛みが起こるのが特徴です。

神経痛と聞くとお年寄りの病気…と考えがちだけれど、それは大間違いです。

主な原因となる”椎間板ヘルニア”の発症は20~40代がひとつのピークです。

若い患者さんも多いのです。

ただし、早めに気づいてきちんとセルフケアすれば、緩和されたり完治することも多い病気です。

何が原因で起きるのか、予防や、起きてしまったときの対策などを知っておきましょう。

痛みの原因で最も多いのは、椎間板ヘルニア。

脊椎の下のほうにある「腰椎」や「仙骨」の間から伸びて集まり、座骨の内側を通っているのが座骨神経です。

脊椎の骨と骨は関節でつながっていて、その間には、クッションのような働きをする”椎間板”という組織が挟まっています。

椎間板は、柔らかなゴムのような組織とそれを包む繊維質でできているのだけれど、過度の負荷の繰り返しや加齢によってその中身が押し出されて、繊維質が膨らんだり傷ついたりすることがあります。

これを椎間板ヘルニアといい、その出っ張った椎間板が周りの神経に触れることで、神経痛が起きて痛みます。

腰椎のあたりはほかの脊椎に比べてよく動く部分なので、ヘルニアも起きやすいです。

お尻や太ももがしびれ、痛む。

お尻や太ももの裏側、ふくらはぎなどが痛むのが特徴です。

ピリピリとしびれるように痛くなり、くしゃみをすると電流が走ったように感じることもあります。

椎間板ヘルニアが起きる位置によって痛む範囲は違いますが、お尻から脚へと痛みが広がるのが一般的です。

腰痛や筋肉痛と勘違いしてしまうことも多いけれど、下肢痛があって、休んでも痛みが取れない場合は、座骨神経痛を疑ってください。

長い間放っておくと神経障害が起きて筋肉の働きが衰え、歩きづらくなったりすることもあります。

心当たりがある場合は早めにケアをしましょう。

予防&症状緩和にはセルフケアが大切。

筋肉を付け、椎間板の負担を減らします。

腹筋

仰向けに寝て静かに頭を持ち上げます。

無理に上体を起こそうとするとかえって腰を傷めるので、軽く持ち上げる程度でOKです。

軽い疲労感を覚えるまで続けます。

お腹の周りと筋肉はコルセットのような存在です。

しっかり補強しましょう。

背筋

四つん這いになって右手と左足を同時に浮かせ、痛みがなければ水平まであげます。

上げられるところまで上げたら5秒間静止し、静かにおろして深呼吸をします。

反対側も同様に行い、左右1回を1セットで、4~5セット繰り返します。

腹斜筋

横向きに寝た状態から、両手で支えるようにして上体を起こします。そのまま膝を曲げながら、股関節をゆっくり曲げます。

曲げられるところまで曲げたら、今度は反対に、ゆっくりと伸ばしていきます。

軽い疲労感を覚えるくらいまで繰り返します。

猫背は厳禁!姿勢よく。

椎間板に最も強い負担がかかるのは中腰や、前かがみの姿勢です。

こうした姿勢を長く続けたり、この姿勢で重たいものを持ったりするのは避けてください。

また、意外と知られていないけれど、長時間座っていることも椎間板にはよくありません。

デスクワーク中も30分に一度は立って歩いたり、脚を組みかえたりして、腰の緊張を解きましょう。

 

サポーターを使うときの注意。

痛みが強いときは、市販のサポーターベルトなどで支えるのも一案です。

体形に合ったものを選びましょう。

ただし、長時間つけていると腹筋が弱くなる原因になってしまうので、ある程度痛みが治まったら外すようにしましょう。

ちなみに、急激に痛みが出たときは冷やし、それ以外の慢性期には腰を冷やさないようにすることも大切です。

ケアを続けても良くならない時は…。

ケアしても、痛みが長引くようななら専門医の診察を受けてください。

消炎剤やビタミン剤、神経ブロックなどで対処します。

下記のような、椎間板ヘルニア以外の原因が見つかることもあります。

気になるときは早めに整形外科などに行ってください。

梨状筋症候群

梨状筋は座骨神経の通り道にあり、脚をひねるときに使う筋肉です。

この筋肉の間を座骨神経が通るため、筋肉に異常があって、神経が圧迫されると痛みが生じます。

ふだんは痛みがはっきりしないけれど、脚をひねったときに痛むというのが特徴です。

分離すべり症

成長器に脊椎の関節間の骨に疲労骨折が起き、それがそのまま癒合しないことがあります。

それだけでは障害は起きないけれど、おれた骨がずれて不安定になる”すべり症”を発症すると同じように神経が圧迫されて、座骨神経痛になります。

その他、筋腫など

まれなケースだけれど、子宮筋腫など、腹膣内にできた腫瘍によって座骨神経痛が起きることもあります。

できた場所によって、神経を圧迫することがあります。

いずれにしてもMRIを撮ることで、ヘルニアか否かを判断し、その上で治療法を探ります。