帯状疱疹:季節の変わり目に起きやすい体の痛みにご注意!

 

体の一部がなんとなく痛みだし、そのうちに水疱が…。

そんな状態は、「帯状疱疹」の疑いがあります。

体に潜む水痘帯状ヘルペスウイルスが、活性して起きる病気です。

免疫力が低下してしているときは要注意です。

症状の特徴などを知っておきましょう。

40代、50代の中高年以上に多いとされてきた病気だけれど、20代、30代でかかる人が急増しています。

仕事での責任が増したり、生活環境が変わりやすかったりと、ストレスの多い世代です。

ウイルスに対する抵抗力が下がっている人が多いようです。

特に仕事が忙しかったりすると、肩や背中の痛みを肩こりと勘違いして来院が遅れる場合もあります。

日ごろストレスの多い生活を人こそ注意をしてください。

普段と違う痛みを肩や背中に感じたら、早めに病院へ行くのがおすすめです。

よく耳にする帯状疱疹。どうして起きる?症状は?

原因:子供のときにかかった水痘のウイルスが、忘れた頃に復活!

水痘(水ぼうそう)は多くの人が子供の頃にかかる病気です。

治った後も、そのウイルスは実は神経に残っています。

これが年月を経て、何かのきっかけで活性化し、皮膚の表面に出てきて湿疹を起こすと帯状疱疹になります。

極度の疲労など免疫力が下がったときに起きやすいです。るウイルスを持っている人全員が発症するわけではありませんが、誰にでも起こり得る病気です。

なお、1度出現すると、2回発症することは少ないです。

経過

2日~:チクチクぴりぴりした痛みが続く

1日~2日:痛みが強くなり、赤くなってくる

1日~7日:水疱がポツポツでき始める。

症状:顔や、胴体などの片側だけに起こる、痛みと赤い発疹が大きな特徴。

まず体の一部にぴりぴりとした痛みが生じ、やがてそこが赤くなって疱疹ができ始めます。

痛みが強い場合が多いのですが、違和感がある、むずむずする、という程度のこともあります。

疱疹が大きなサインです。

ウイルスは、脊椎から左右に出ている知覚神経の一方に潜んでいます。

そのため、疱疹も体の片側にできることが多いです。

帯状になることもありますが、必ずしも帯状ではありません。

広範囲でなく体の一部に出ます。

できやすいのは顔や体幹部です。

予防:とにかく体を休めること。抵抗力をアップさせよう。

帯状疱疹の多きな原因は疲れやストレスです。

体を休めることが基本です。

睡眠をできる限り取る、身体を冷やさないようにして抵抗力をアップする、などの対策をとりましょう。

特に夏は、強い日差しにさらされたり暑さで食事が摂れなかったりと疲れやすいときです。

夏休みの旅行などでかえって疲労を増すことも多いので注意してください。

対処法:早く、痛みを抑えて治すために、かかったらまず皮膚科へ!

命に関わる病気でないだけに放っておく人も多いけれど、深くなった疱疹が痕になってしまったり、痛みが残ったりします。

早く、確実に治すためには、早めに皮膚科にかかるがおすすめです。

遅くとも、疱疹が出たら受診してください。

抗ウイルス剤などで対処します。

多いのが、虫刺されと勘違いして市販の薬を塗ってしまうケースです。

逆に悪化させることもあります。

じんましんも急増中。帯状疱疹同様、疲労が一因に。

突然発疹が出て、かゆくてたまらない…そんな、じんましんに悩む人も増えています。

帯状疱疹と違うのは水疱ではなく発疹で、たいてい短時間で消えることもあります。

けれどもかゆくて眠れない、顔に出て気になる、などの深刻な悩みにもなります。

症状

特定の食べ物や気温差から精神的なものまで、原因はいろいろです。

”膨疹”と呼ばれる、膨らんで赤くなる発疹ができ、それが連なることもあります。

強いかゆみを伴うことが多いです。

精神的な緊張が原因のじんましんは、膨らむことはなく虫刺されのようなポツポツとした赤い発疹が特徴です。

いずれも、数時間以内に消えることが多いです。

 

対策

原因を特定するには?意外な食べ物が原因だったり、緊張すると出る、など人それぞれです。

カウンセリングを受けることが大切です。

どんなときに出るかメモしておくと、診察の助けになります。

また、原因はさまざまでも体が疲れているときに発症しやすいのは同じです。

体に負担をかけない生活サイクルを心がけましょう。