婦人科検診:身を守るために欠かせない婦人科検診。気になる内容や病院の選び方を調査。

Q.婦人科検診って、具体的に何を調べるの?

A.女性特有のがんを調べるのが一番の目的です。

婦人科系疾患も見つかります。

婦人科検診の第一目的は女性特有のがんの早期発見です。

検診は膣に器具や指を入れる内診、膣に機械を入れる経膣超音波検査(エコー)、子宮頸がんの細胞診が基本です。

その検査で、子宮筋腫や内膜症、卵巣嚢腫などの婦人科疾患も発見できます。

ただ、乳がん検査はオプション扱いで、コースに組み込まれていない病院もあります。

乳がんは”外科”の範疇で、乳腺の知識が必要です。

”婦人科”では診てもらえない場合が多いです。

Q.いくつもあるメニュー。私は、何を選べばいい?

A.内診、経膣超音波、子宮頸がん検査は必須です。

ほかに必要と思う検査は、オプションで。

ひと口に婦人科検診といっても、その検査内容は病院によってさまざまです。

アラサー女子なら、内診、経膣超音波検査、子宮頸部細胞診の3点は基本的に検査しておくべきです。

ただ、職場が提供してくれる健康診断の婦人科検査では、経膣超音波検査が入っていないこともあります。

その場合、費用を自己負担すれば、ほかの検査も追加できる病院がほとんどです。

予約のときに相談してみましょう。

また、がん検診は各自治体が積極的に良心的な料金で行っています。

自治体により検診の方法や内容も違います。

自分に必要な検査が確実に受けられるかどうかしっかりチェックしましょう。

Q.病院は慎重に選びたいけど、どう選んだらいいの?

A.検診だけならレベルに差はなし。クチコミなどを参考にしてみて。

検診の中でも最もデリケートな分野だけに、できるだけ”いい病院”と出会いたいのです。

基本的に、検診のレベルはどのクリニックもさほど差はありません。

ただ、病気が発見された場合、診察に通う可能性があることも念頭に入れましょう。

通いやすさ、設備や清潔感、相談しやすい雰囲気かどうかもポイントになります。

自分に合った病院はどっち?

総合病院 個人病院
長所 手術も同じ院内で対応してもらえる。高い医療技術が望める。 or ひとりの医師に親身に対応してもらえる。待ち時間が少なくて済む。
短所 治療中に担当医が代わったり、対応が事務的だと感じる人も。 精密検査や手術が必要になった場合、大病院に転院の必要がある。

 

男性医師 女性医師
長所 特に内診をする場合など、丁寧に気遣ってくれる医師が多い。 or 同性同士の気安さと安心感。女性特有の悩みを伝えやすい。
短所 デリケートな相談がしづらいと思ったり、内診に抵抗を感じる人が。 同性同士のサバサバした対応に冷たいと感じてしまう人も。

 

有名病院 個人病院
長所 事前の情報収集が楽。設備がそろう、専門性があるなど安心感が。 or 通いやすい。地元に精通しているので自治体の補助制度にも詳しい。
短所 デ雑していて予約が取りづらい。対応が事務的に感じることも。 信頼できる先生かわかるまで不安。ご近所さんと鉢合わせの可能性も。

 

Q.どうしても内診に抵抗があるんです。

A.病院側も、抵抗感が寝るように努力中。

とにかく受けてみることを優先させて。

内診は、誰でも多少は抵抗があるものです。

それが一番の壁なのかもしれません。

でも、内診しないと見つけられない病気があります。

病院側も抵抗感を少しでも和らげるためにカーテンを設置するなどの配慮をしているところも多いです。

女性専門外来を選ぶのもひとつの方法です。

Q.費用は、どれくらいかかる?

A.基本の婦人科検診は15,000円程度から。

乳がん検診を足すと25,000円程度から。

内診、経膣超音波検査、子宮頸部細胞診のみのベーシックな検査ならば、10,000円台で受信できるクリニックがほとんどです。

乳がん検診でマンモグラフィーと乳腺超音波を含む場合は、30,000円前後になります。

アラサーの場合、会社で加入している健康保険からの補助や自治体から無料クーポンが送付される場合もあるので調べてみる価値ありです。

 

Q.検査当日、気をつけることはありますか?

A.生理1週間前~生理中は避けて。

生理周期の記録があれば、持参を。

いろいろ気にせず、気軽に受けてください。

ただし、生理中は、検査の種類によっては平常時に比べて精度が落ちる場合があるので、できるだけ避けるようにしましょう。

乳がん検査は、乳腺が発達する時期は避け、生理後1~2週の間に受診したほうが痛みがありません。

Q.乳がん検診を受けようと思ったら、視触診、超音波、マンモグラフィーと3種類もある!結局、どれがいいの?

A.それぞれに得意、不得意分野があるので、3つセットで受けるのがベストです。

それぞれ長所と短所があるので、確実に病巣を発見するためにも3種類全部受けておくのが安心です。

石灰化と呼ばれる、ごく初期のがんのサインを見つけられるのがマンモグラフィーです。

ただ、乳腺が発達している20代の場合は全体が白っぽく映ってしまい判定しづらいです。

一方の超音波検診は、マンモグラフィーでは見つけにくい小さなしこりの発見に有利です。

触診のみでは不安だけど手軽なので、月1回程度自己診断を習慣づけてはいかがですか?

超音波は年に1回、マンモグラフィーは2年に1回の受診が目安です。

もし家族に乳がん経験者がいる場合は、専門医で定期検診を受けてください。

 

Q.おっぱいが小さい私。マンモグラフィーが痛すぎないか心配です。

A.大きさはあまり関係ないので安心して。

ただ、生理前は痛みが出やすいので注意。

乳房の上下を挟み、平たくした状態でX線撮影をするのがマンモグラフィーです。

基本的に痛みと乳房の大きさは無関係です。

ただ、皮膚の伸びが少ないと痛みがある人もいるようです。

生理前はより痛みを感じやすい人が多いので、生理後に受診するなどの工夫で、痛みは軽減できる可能性もあります。

検診を受ける前に医療保険に入っておこう。

もしも検診で病気が見つかったら?

軽い通院で済めばいいけど、手術や入院、長期にわたる治療が必要になった場合、それにかかる医療費が悩みの種になります。

そんなときにのためにあるのが、保険です。

アラサーは2~3割が子宮筋腫を持っているともいわれますし、妊娠・出産が具体的に視野に入る年代です。

必然的に婦人科を受診する率が高くなります。

近年は、さまざまな保険会社から女性の疾病に手厚い保障を受けられる医療保険が出てきています。

掛け捨てなら月々2,000円程度の保険料で満遍なく保障が受けられ、妊娠・出産後のトラブルにも対応してくれるものが多いです。

検診前に加入しておくと安心です。

すでに生命保険に加入済みの場合、その保険に医療特約をプラスするという考え方もあるけれど、あくまでも生命保険は死亡時の保障と考えて、それとは別に手軽な医療保険に入るのがおすすめです。

保険は別々に加入しておけば、医療保険のほうは年齢やそのときどきの状況の変化に応じて乗り換えられます。

それと、健康保険に入ってれば、規定の限度額を超えた医療費が払い戻される”高額医療費精度”が適用されることも知っておきましょう。

そこに医療保険を組み合わせれば十分な保障額になるはずです。

自治体によるがん検診は驚きに低料金!

検診を受けたほうがいいことは重々承知。

でも保険がきかず、安くない検診費用に二の足を踏んでいる人もいるのでは。

でも、自治体の検診制度を利用すると手ごろな料金で検診を受けられます。

現在、厚生労働省は、特定の年齢に達した女性が、乳がん、子宮頸がんといった女性特有のがんに関する検診を受けることを積極的に推進しています。

その指針に基づいて、各自治体が地域住民に向けて無料クーポンを送付したり、検診費用を一部補助したりするなど、受診しやすい環境が徐々に整えられつつあります。

対象年齢や、検診の内容、費用、通知方法など自治体が独自に決めているため、地域によってバラツキがあります。

一度調べてください。

企業の正社員や大手派遣会社に登録している人なら、組合が行っている婦人科検診を受けられたり、一部補助金が支給される場合もあるので、勤務先に問い合わせてみてください。