女性ホルモン:体や心を支配している女性ホルモンについてお勉強!

 

女性の体やメンタルは女性ホルモンによって支配されている…と、ぼんやり知ってはいても、女性ホルモンが実はどんな役割を果たしているか、理解していますか?

今、ホルモンと体や心の関係が、医学の世界でも注目を集めている様子です。

複雑で謎の多いホルモンが、どうやら健康を維持するための、さまざまな仕組みに関係していることが分かってきました。

20~30年前とは生活様式が激変して女性の生活が忙しくなり、ホルモンバランスを崩す人が多くなっていることも、女性ホルモンが注目されている理由の一つです。

女性が子供を産まなくなったことや、出産の適齢期が何歳までなのかを若い女性が知らないことが問題になっています。

適応時期は25~35歳です。

そういう正しい知識を広める意味でも、ホルモンが注目されるようになってきたのではないでしょうか?

Q.女性ホルモンはどこから出てくるの?

実は脳が非常に重要な役割を担っているのです。

A.女性ホルモンが出てくる場所は、子宮?

それとも卵巣?

答えは卵巣。

でも厳密にいうと、卵巣そのものから女性ホルモンが分泌されるわけではないのです。

女性は生まれながらに、卵巣の中に、卵子の元となる”卵胞”を持っています。

これは原始卵胞といって、胎児のころにピークを迎え、その数約700万個です。

生理が始まって2日目頃になると、脳から原始卵胞を成長させなさいという指令が出ます。

こうして、排卵に向けて選ばれた卵胞が成長していく過程で、卵胞の中にある特別な細胞から、女性ホルモンが分泌され始めます。

女性ホルモンの分泌量がピークになると、脳がそれを察知して排卵が起こります。

排卵後も女性ホルモンは出続けていて、その働きで今度は受精卵を受け入れる準備に取りかかります。

子宮の内膜を厚くして赤ちゃんのためのふかふかのベッドを作るという準備です。

残念ながら受精卵がやってこないと、子宮内膜ははがれて落ちて生理がやってくるという仕組みになっているのです。

Q.女性ホルモンには、どんな役割があるの?

子を産むための機能のほか、肌、髪、爪、メンタル…女性のカラダ全てに関わります。

A.排卵を促して妊娠・出産という大仕事をまっとうする。

これこそが、女性ホルモンの最大の役割です。

でも実は、それ以外にもさまざまな作用があるのです。

肌や髪の毛、爪などのハリや潤いを保つのも女性ホルモンの働きです。

女性ホルモンにはコラーゲンの生成を助ける作用があるからです。

そのほかにも骨の密度を保ったり、コレステロールを調整して動脈硬化を防いだりします。

記憶力や精神の安定なども、女性ホルモンの働きによるところが大きいです。

驚くほどあらゆるところに影響を及ぼしているのが女性ホルモンなのです。

若い頃とは違う変化が起きてくるところは、すべて女性ホルモンが作用していると思っていいです。

でも、20~30代のときにはそんなことに気づきませんから、不規則な生活や過激なダイエットなどホルモンの分泌に影響を与えることを日常的にしてしまいます。

これが大きな問題です。

Q.人によって女性ホルモンの量は違うの?

女性ホルモンの量は誰でも、一生でティースプーン1杯分といわれています。

A.ホルモン全般の特徴は、とても少ない量で体に大きな作用を及ぼすことです。

もちろん、女性ホルモンも例外ではありません。

一説によると、生涯のうち分泌される女性ホルモンの量はティースプーン1杯分だとか。

ホルモンとはこういったものという、はっきりした形では見えないんです。

あるホルモンと結合しやすい物質をくっつけて光らせたり、電気を通して波長の違いを分析したりと、特殊な操作をしないと測定できません。

専門家でもホルモンそのものを見たという人は多くないと思います。

なにしろ、1サイクルの生理周期で分泌される女性ホルモンはピコグラム(1兆分の1g)単位といわれています。

ティースプーン1杯というのは上手な表現だと思います。

多いとか少ないとかいう個人差があるかというと、ストレスがかかったり、不規則な生活で一時的にホルモンの量が減ることはあるかもしれませんが、一生のうちに分泌される量に、それほど大きな個体差はないと思います。

Q.女性ホルモンは何種類あるの?

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類あります。

A.ひと口に”女性ホルモン”というけれど、その種類は大きく2つに分かれます。

ひとつは、”エストロゲン”、もうひとつは”プロゲステロン”というものです。

卵胞が成長していく過程で出てくるのがエストロゲンです。

一方、排卵のときに卵子が飛び出した後、破れた卵胞から出てくるのがプロゲステロンです。

この破れた卵胞からは、少量ですが、エストロゲンも同時に出ています。

ちょっと難しいけれど、この2つの女性ホルモンが体に与える影響は、大きく異なるのです。

肌や髪にツヤを与えたり、病気を予防したり脳の機能に関わるのは、主にエストロゲンの作用と考えていいと思います。

これに対してプロゲステロンは、体に水分を引き込んだり、食欲を増進させたり、基礎体温を上昇させたりします。

むくんだりニキビができたりと、あまりありがたくない症状を起こすことがありますが、妊娠・出産に関わるという意味では、なくてはならないホルモンです。

Q.女性ホルモンは一生なくならないんですよね?

閉経になる50歳頃には、限りなく少なくなってしまいます。

A.もって生まれた遺伝子や環境の違いなどの条件が入ってくるので、女性ホルモンが何歳までどの程度働くかというのは一概にはいえません。

けれど、一般的に、初潮を迎える11~12歳頃から50歳前後の閉経まで、女性ホルモンは分泌されていると考えていいと思います。

ただし、アラサー以降は注意が必要です。

男性の場合、男性ホルモンの量は加齢とともに徐々に下がるが、女性は、急に女性ホルモンの分泌量が減るからです。

産婦人科では、37歳が大きなターニングポイントです。

37歳を境にして、急激に女性ホルモンの生産能力が減っていくといわれています。

更年期障害の症状が出てきてから慌てるのではなく、アラサーのうちから準備しておくことが必要です。

体を冷やさない、きちんと栄養を摂る、キツすぎる下着をつけない、適度な運動をする。

女性ホルモンの分泌量低下で大きく体調を崩さないために、そんな準備をしておくことは大事なことだと思います。

Q.女性ホルモンを増やす方法ってあるの?

女性ホルモンに似た成分のいくつかは食べ物から摂ることができます。

A.女性ホルモンに似た働きをする成分の代表格といえば、大豆に含まれるイソフラボンです。

特に更年期をこれから迎えるという女性にとっては注目の成分です。

イソフラボンにはエストロゲンに似た作用があり、一生懸命に豆乳を飲んだり、イソフラボンのサプリメントや女性ホルモンに似た働きをするハーブなどを取り入れる女性も多いと思います。

それなりに有効だと思いますが、注意も必要です。

例えば、イソフラボンの1日の摂取量の上限は30mg、と厚生労働省から目安の数値が出されています。

これは、女性ホルモンをたくさん摂ったときのリスクが考慮されているからです。

サプリメントなどの健康食品は基本的にエストロゲンに似た働きをするもので、プロゲステロンの作用は期待できません。

エストロゲンだけが一方的に働くことで、子宮がんや乳がんなどのリスクが高まることもあります。

また妊婦や乳幼児は過度の摂取は控えるようにいわれています。そういうことを理解したうえで、上手に利用してほしいものです。

Q.排卵しないことのデメリットは?

無排卵によって子宮は小さくなります。

基礎体温チェックを習慣にして。

A.ストレスや睡眠不足、栄養バランスの乱れ。

こうしたことで脳から卵巣へホルモンの分泌の指令がうまくいかなくなり、無排卵の状態にことがあります。

これは女性にとって一大事です。

無排卵の状態が続くと、子宮自体が小さくなってしまいます。

経するとやはり子宮は小さくなりますが、似たような状態になってしまうのです。

しかも、一度縮んだ子宮を大きくするのは難しいです。

生理がなくて楽だわ、と半年も1年も放置しておくのは危険です。

いざ妊娠しようとしても子宮が小さくては無理、ということになりかねません。

また、心臓や血管、骨などにも問題が生じてくることがわかっています。

無排卵でも、生理が来ていると錯覚することがありますが、それは生理ではなく、不正出血です。

毎月、きちんと排卵しているかどうかは、基礎体温を測ることでわかります。

黄体期に基礎体温が上がれば排卵されているということです。

自分のデータをきちっと自覚することが、とても重要です。

Q.女性ホルモンが多いのは朝?夜?

朝、昼、夜性・・・時間によって量が変わることはありません。

A.多くの女性ホルモンは一日のうちで分泌量が変わります。

例えば、ストレスの程度を調べるのに利用されるコルチゾールは、朝起きた直後に最も多く、夕方から夜にかけて減っていきます。

逆にメラトニンという睡眠を促すホルモンは、夕方から夜にかけて急激に増えていきます。

このように、ホルモンは一日の中で量が変化するものが多いです。

では、女性ホルモンも一日のうちに多い時間帯、少ない時間帯があるかといえば、さにあらずです。

女性ホルモンは、一日のうちである時間帯に多い、または少ないということはありません。

例えば、母乳を作るホルモンであるプロラクチンは、一日のうち、午前中は分泌量が落ちていて、ストレスがかかると分泌量が増えてしまいます。

ですから、午前中の11時くらいに、ストレスのない状態で計測します。

時間帯によって分泌量が変化するホルモンもありますが、女性ホルモンについては、そのように時間を考慮して測定することはまずないので、一日のうちの分泌量に変化はないと考えていいでしょう。

Q.2種類の女性ホルモンは、ずっと同じ量なの?

生理周期に合わせて、卵胞ホルモンと黄体ホルモンが交互に増えます。

A.一日の中では女性ホルモンの量が変化することはありません。

とはいっても、ほぼ1ヵ月の生理周期から見てみると、その時期によって量は大きく変わってきます。

生理周期は月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つのステージが順番にやってくることで成り立っています。

このステージに従って、エストロゲンとプロゲステロンの分泌量は変化していきます。

エストロゲンは排卵期の直前にピークを迎えます。

その後は一度量が減って、黄体期にもう一度、分泌量が増えます。

ふたこぶラクダのようなカーブを描きます。

これに対してプロゲステロンは排卵後に分泌量のピークを迎えて、生理が始まるとともに減ってきます。

基本的に黄体期は体がむくみやすいので、運動やダイエットをしても効果が出にくいと思います。

ダイエットをするなら卵胞期のほうが有利です。

女性の場合は何をするにも、排卵を境にした1ヵ月の流れに沿って生活をしていくほうがいいと思います。

Q.生理前は気持ちが不安定に。女性ホルモンの量と関係あるの?

エストロゲンが減ることで判断力などが鈍ってしまいます。

A.生理前に、決断力が鈍ったり、イライラしたりと気持ちが安定しない女性はとても多いものです。

エストロゲンには、精神を安定させる作用もあるのですが、生理前になると著しく分泌量が減って、それによって体も心も不安定になります。

産婦人科では、こうした状態は月経にまつわる症状とされていて、生理が始まる約4日前から生理開始まで続くといわれています。

この時期に大きな買い物や大事な契約をしないほうがいいでしょう。

あまり似合っていない高価な服を買ってしまったり、好きでもない人についていったり、必要でないものを通販で買ってしまったりと、判断ミスを犯してしまうことが多いからです。

この時期はおとなしくして大きな決断は控えるようにしてください。

”なぜこんなことをしたんだろう?”と後で不思議に思うくらい、本人に自覚がない場合が覆いのです。

生理前に重大な物事を決めるのは、くれぐれも避けてください。

Q.生理が遅れたり来なかったり。女性ホルモンが減っているせい?

忙しすぎて生理が遅れる、来ない場合は、女性ホルモンバランスが乱れている証拠。

A.生理が毎月正常にやってくるのは、脳と卵巣によるホルモンの連携プレーがきちんと摂れているからです。

生理が頻繁に遅れたり、長期間来なかったりするというときは、脳と卵巣がうまくやりとりができなくなっているということです。

女性ホルモンの量が減るというより、ホルモンのバランスが崩れていると考えたほうがいいかもしれません。

ストレスなどで故障が起こりやすいのは脳の視床下部という部分です。

ここは食欲や感情などを司る部位で、精神的、身体的ストレスがかかると、大きな影響を受けます。

仕事が忙しすぎたり、人間関係のトラブルによる精神的な疲労で、ヒートアップしてしまうと考えてください。

こうした無月経の状態を放っておくと、将来不妊になるリスクが高まります。

仕事が忙しい人は、自分を大事にする時間を作ってください。

一人で悩まずに、おかしいなと感じたら、女性外来などに相談に行くことをおすすめします。

Q.からだつきが女っぽくないんです。女性ホルモンが少ないせい?

女性ホルモンが多いからといって胸が大きくなるわけではありません。

A.初潮を迎える思春期から成人するまでの間、女性の体は著しく変化します。

腰まわりが丸みを帯びて、バストは大きくなり、いかにも女性らしいカーヴィなラインが完成します。

ところがいかにもお色気ムンムンの峰不二子体形の人がいる一方で、全体的に体が薄く、いつまでも少年っぽい体形の女性がいることも事実です。

この差はひょっとして、思春期に分泌される女性ホルモンの量に関係するものなの?

確かにエストロゲンのは乳房を発達させる働きがあります。

皮下脂肪を蓄積して丸みを帯びた女性らしい体を作るのもエストロゲンの作用です。

けれど、ボディラインや体形は、ホルモンそのものの量というよりも、遺伝による影響のほうが大きいと思います。

もし、女性ホルモンが多ければ胸が大きくなるとすれば、豊胸手術など受けずに女性ホルモンだけ注射すればよくなってしまいます。

胸が大きい=女性ホルモンが豊富というのは、あくまでもイメージです。

Q.毛深いのは女性ホルモンが少ないせい?

女性ホルモンに比べて男性ホルモンの量が多いと毛深くなります。

A.毛深いことがコンプレックス。

それも最近、特に体毛が太くなってきたような。

それは、もしかすると、女性ホルモンが減っているせいかも?

ストレスなどから女性ホルモンの量が急激に減ると、体毛が濃くなるということは、よくあります。

女性の体の中でも、副腎皮質というところから男性ホルモンが少量分泌されています。

相対的に男性ホルモンの比率が高くなると、あごにヒゲなどが生えてくる場合もあります。

そして困ったことに、女性ホルモンの量が元に戻ったとしても、いったん太くなった毛は薄くなりません。

気になる場合は脱毛などの処理をする必要があります。

ほんの少しバランスが乱れることで、いろいろな症状が出てきます。

女性ホルモンのひとつ、プロゲステロンには男性ホルモンの働きを抑える作用がありますが、その作用が発揮されないことで体毛が濃くなることもあります。

男性ホルモンの働きを抑えるピルなどの服用で症状が改善する場合もあります。

Q.恋愛していると女性ホルモンは増えるの?

ストレスのない、いい恋愛なら、ホルモンバランスは整います。

A.女性は恋をするとキレイになる、充実したセックスライフを送ることで美しさが増す、などと俗にいうけれど、恋愛やセックスによって女性ホルモンは本当に増えるものなの?

セックスを長らくしていないという人でも、ちゃんと女性ホルモンは出ています。

逆に、セックス依存症のような女性でも、心理的な障害があって女性ホルモンがまったく出ていないということもあります。

恋愛やセックスをすることで女性ホルモンが増える、というのはイメージにすぎません。

肌や髪がぴかぴかになることはあるかもしれませんが、それは女性ホルモンが増えた結果ではないと思います。

恋愛やセックスの影響をより受けやすいのは、卵巣ではなくむしろ感情を司る脳、という可能性があります。

ストレスのない、いい恋愛をすることで、ホルモン分泌を司る脳の視床下部という部分が正常に働くようになる。

すると、卵巣への指令がスムーズに伝わりやすくなるということは、十分考えられるかもしれません。