外反母趾:我慢の日々は将来にも影響。靴で調整して進行を防ごう。

 

外反母趾とは、足の親指(拇趾)が外側(小指側)に反り、付け根が出っ張った状態のことです。

その出っ張った部分が靴に当たり、腫れや痛みを引き起こします。

そんな症状を自覚しつつも、我慢している人が多いのでは?

重症になると、靴を履かなくても地面に足がついただけで激痛が走ります。

早目のケアが大切ですが、こと足の医療に関しては、残念ながら日本はまだ後進国、症状の改善には靴の調整が不可欠なのに、そこをきちんと考えて実践している医師は本当に少ないです。

症状が重くても、ほとんどの場合には、手術は不要です。

靴で筋肉のアンバランスをフォローすれば、きちんと歩けるようになります。

患者の側にも誤った思い込みが多くて、それが治療の妨げになることもあります。

進行を食い止めるためにも、正しい知識を持っておいてください。

外反母趾は足全体の問題

曲がった親指ばかりに気をとられがちだが、それは間違いです。

仮にまっすぐにできても、症状の改善にはつながりません。

拇趾の外反は、足の構造上の複雑なトラブルがいくつも絡み合った結果です。

全体を見ることが大切です。

開張足

足の付け根の幅が広がり、足のよこアーチが崩れて低下。

典型的な例では、足裏の付け根部分の真ん中にタコができる。

外反母趾の前段階ともいえる症状です。

 

外反母趾

開張足を放っておくと、親指が内側方向に回旋。

その角度で親指を曲げる=外側に反る、というわけ。

油断していると、どんどん進行するので注意して。

 

再発を予防するためには?

比率は少ないものの男性や子供にも症状が出るからには、ハイヒールに原因を求めるのは短絡的です。

足を動かす、くるぶしの筋肉のバランスの崩れが直接的な原因です。

足裏全体にかかる力の異常が変形を引き起こします。

遺伝傾向もあるといわれています。

とはいえ、ハイヒールを日常的に履く生活が変形を助長するのも事実です。

全身の健康にも悪影響が?

外反母趾が直接、病気の原因になることはありません。

ただし、痛みを苦にして歩かなかったりら話は別です。

間接的にではあるが、さまざまな生活習慣病を引き起こします。

高齢者になるころには運動不足がたたり、骨粗しょう症や腰痛などに悩まされることにもなりかねません。

歩けることが何より重要なのです。

外反母趾は治療の主眼もそこにあります。

症状改善の決め手は靴!

短い距離なら意識的に筋肉の使い方を矯正することもできるだろうが、通常の歩行では不可能です。

歩き方はすべて、靴で決まります。

厚い中敷きを取り外してできる、整形靴の調整をおすすめします。

その中敷きは、義肢装具士など技術者のよるオーダーメイドが基本です。

病院で医師の正しい診断を受けて作るのがベストです。

”おしゃれな靴は健康の敵”と心得よ

例えば欧米のファッションモデルが、いつもハイヒールで街を闊歩していると思ったら大間違いです。

本来、おしゃれ靴と歩くための靴は別なんです。

そこを日本人は勘違いしています。

ハイヒールで無理に歩いておきながら健康な足になりたいだなんて、どだい無理な注文だと知るべきです。

TPOに合わせた履き分けが肝要です。

”歩くための靴”を選ぶポイントは?

土踏まずから甲にかけての”足の腰”を両サイドからしっかり押さえる作りの、できれば紐靴を選びます。

落ちてしまった縦アーチと横アーチを支えるために、中敷きは土踏まずと中足部(足の裏の真ん中あたり)にパッドがあるものを選びます。

単に横幅の広い靴が”外反母趾対策”の靴と称して市販されていたりするので要注意です。

医師の診察を受けて安心

腰や首の神経の病気が、軽い外反母趾の症状とし出ている場合もあります。

足が痛む人は放置せず、一度は整形外科で受診をしてください。

また、整形靴を作りたいなら、足と靴の医学に精通した医師に診てもらうのが最善です。

病院での中敷きの製作には、1年半に1回まで健康保険が適用されます。