咳喘息:咳が止まらない

 

ふとした拍子に激しい咳が出てつらい…そんな症状に悩む人が増えています。

咳が出る病気のうち、多いわりに知られていないのが咳喘息です。

気管支喘息と名前が似ていますが、実は違う病気です。

風邪と間違いやすく、また自然と治まることがあるために気づかないことも多いのですが、長引く咳は要注意です。

主な症状は激しい咳

喉がイガイガする、咳が激しくつらい、などが咳喘息の主な症状です。

ひどいと会話ができないほど咳き込んでしまうこともあります。

咳が出るきっかけはエアコンの風や香水などさまざまな理由が考えられます。

たんを伴わない空咳が数週間から数カ月続いている、頭痛や発熱がない、などの症状が重なるときは咳喘息と疑ってみましょう。

市販の咳止めでは治りません。

必ず呼吸器科などの医師に相談をしてください。

原因は、主にアレルギー

咳喘息は主に、ハウスダストやダニなどに対するアレルギー反応や、また、花粉症やアトピー性皮膚炎などに合併して起こります。

何がアレルゲンになっているかは、専門の検査で特定できます。

ちなみに花粉症やアトピー性皮膚炎の人に起こる咳は「アトピー性咳」として区別されることもあるが、症状や治療法はほとんど同じです。

厳密に区別する必要なないでしょう。

20~30代の女性に多い

咳喘息は、若い世代に多いです。

20代から30代が中心です。

それも、患者の割合を見ると、女性が圧倒的に多いです。

なぜ女性に多いのかは良くわかっていないが、ここ数年、特に増えているそうです。

たかが咳とあなどらず、対処をしましょう。

気管支喘息への移行も!

アレルギー反応のために気管支に炎症が起きて気道狭くなり、ぜいぜいとあえぐような息づかいや呼吸困難が起きるのが、気管支喘息です。

一方、咳喘息は慢性的に咳だけが出る病気です。

性質が違うものだけれど、きちんと治療せずに放っておくと、10~20%の割合で気管支喘息に移行するといわれています。

そうなる前に早めに気づくことが大事です。

季節の変わり目に注意

咳喘息がよく起こるのは、季節の変わり目です。

特に春から秋にかけてが多いです。

梅雨どきになると咳が出る、そんな季節性の症状も咳喘息かどうかの判断材料になります。

布団に入ったときや、天気が変わった直後など、気温や気圧の変動がきっかけになることもあります。

風邪と誤解されてしまうことが

咳喘息と気づかない人は、自分にはアレルギーがないと思っている人が大半です。

咳が長引いても風邪薬をいくら飲んでもよくならない、そんなときは要注意です。

また、風邪がきっかけで起きる咳喘息もあります。

そうしたケースはなおさら気づきづらいです。

発熱や頭痛は治まったのに咳だけが治らない、というパターンを繰り返すなら、咳喘息の疑いがあります。

レントゲン検査ではわからない

咳喘息は、レントゲンや聴診では判断できないため、風邪や”原因不明”の咳と診断されてしまうことがあります。

胸部X線写真では影が写ることなく正常で、聴診でも特に雑音は聞こえないのが普通です。

正しく判断するためには、呼吸器科医の診断が必要です。

心当たりがある場合は、医師に申し出てください。

長引く咳、他にこんな病気も

風邪はもちろん、気管支炎や肺炎、百日咳菌という細菌に感染することで起きる百日咳や、病原体「マイコプラズマ」によるマイコプラズマ肺炎…。

咳を起こす病気は、咳喘息のほかにもさまざまです。

長引く咳には、思わぬ病気が隠れている可能性もあります。

素人判断せず、まず専門医に受診することが早道です。

治療は、主に吸入薬で

咳喘息は、きちんと治療すれば数日から数週間でよくなる病気です。

ぜひ、早目の治療をしてください。

方法はステロイドを含む粉末の薬を吸入したり気管支拡張薬のテープを貼る、などです。

なかでも決め手となるのはステロイドの吸入です。

ステロイドと聞くと抵抗を感じる人もいますが、マイクログラム単位の微量のものを経気道で吸い込むため、副作用はほとんどありません。

最もスタンダードな治療法です。