呑気症候群:お腹の張りで息苦しい

 

頻繁にガスやげっぷが出て困る、お腹が張って苦しい…。

消化器に溜まった空気によって起こる、こうした悩み。

人には常に唾液などと一緒に空気をのみ込んでいます。

飲みこむ空気の量が通常より多くなり、それによって不快な症状が起きることを呑気症といいます。

以前は早食いや炭酸飲料の飲みすぎなどによって空気の量が増えるとされているけれど、最近は、ストレスなどで知らないうちに歯を噛みしめることが大きな原因とわかってきました。

頭痛や肩こりなど、消化器以外に症状が出るのも特徴です。

20代、30代の女性に増えているという呑気症候群。

心当たりがある人は、すぐに対策をとってください。

原因はストレスによる”歯の合わせすぎ”

お腹に溜まる空気の7割は、唾液と一緒に飲みこんだものです。

つまり、空気が溜まりやすい人は、唾液を飲みこむ回数が多いといえます。

頻繁に唾液を飲みこんでしまう要因は、ストレスなどで緊張し、無意識に歯を噛みしめてしまうことにあります。

リラックスしているときは、上下の歯は離れ、口の中のも空洞があります。

唾液は口の中で徐々に溜まり、ときに応じて飲み下されます。

ところが緊張を感じると、顔の筋肉も緊張するため、どうしても、上下の歯が合わさりやすくなります。

この時、舌も上あごにくっつくために口の中空洞がなくなり、唾液は喉に近い部分に溜まることになります。

それを常に飲みこむことが必要になり、同時に多くの空気を飲み込んでしまうのです。

患者で多いのは、20~30代の女性。

異動や親族の不幸など、何らかのライフイベントによって発症するケースがほとんどです。

特に20代、30代の女性に多く見られます。

社会でキャリアを積みつつ結婚や出産も…。

そんな”人生の岐路”に悩む世代です。

それに女性の方が、ガスに関する悩みは深刻です。

トイレでも我慢してしまったりと生活の中で解消しづらいことも、女性に患者が増えている一因です。

消化器の不快感のほか、症状はいろいろ。

【呑気症候群の主な症状】

□ お腹が張り、ガスが出る

□ げっぷが頻繁に出る

□ 少量の食事に満腹になる

□ いつも頭痛がする

□ 耳鳴りがする

□ 肩や首の凝りがひどい

□ あごに痛みがある

飲みこんだ空気がまず溜まるのは胃です。

げっぷや胸焼けといった症状が起きます。

さらにその空気が6~8時間後に腸に移動し、お腹の張や頻繁なガスといった悩みの原因になります。

お腹の症状は夕方から夜、また朝の起き抜けなどに起こることが多いです。

また、常に歯を噛みしめることで胃腸以外にも影響があります。

肩こりや首の凝り、頭痛などです。

歯の食いしばりによる歯痛やあごの痛み、耳鳴りなどがよく見られます。

自覚のないうちに起きていることがほとんどというのが呑気症候群です。

個々の症状に気づいて内科や消化器科に行っても、診断が着かないことも多いです。

消化器以外にも、首や顔、頭などに長引く症状があるようなら疑ってみましょう。

セルフ&クリニックでのケアを知ろう。

上を向く

噛みしめ呑気症候群かも…と気づいたら、まず心がけたいのは、必要以上に上下の歯を合わせないようにすることです。

唇は閉じていても、中の歯は互いに離れているのが普通です。

空間を作るように意識してください。

このニュートラルな状態に戻すのに有効なのが、上を向くことです。

上下の歯が離れ、舌も下に戻ります。

このまま正面を向けばOKです。

あごに力が入っている思ったらこの方法を試し、歯が離れた状態をキープします。

お風呂で首まわりをマッサージ

噛みしめを呼ぶ原因の最たるものは、ストレスです。

できるだけリラックスする時間を作ることが大切だけれど、デイタイムはなかなか難しいです。

せめて帰宅後はゆとりのある時間を持ちたいものです。

入浴時はシャワーだけでなく、なるべく湯船につかる習慣を持ちましょう。

浮力によって全身がリラックスできます。

このときに首筋や口の周りの筋肉を軽くマッサージすると、さらに効果大です。

ちょっとした心がけが、症状の軽減につながります。

姿勢に気をつける

歯の噛み合わせの強弱は、姿勢とも関係が深いです。

人は緊張すると顔や首に力が入り、うつむきがちになります。

あごを引くと歯が合いやすくなり、唾液の飲み込みも頻繁になります。

特にオフィスなどで長時間座って前かがみになっているときは要注意です。

背筋を伸ばし、うつむき気味になるのを防ぎましょう。

お腹を前に出すようにして、腰椎をそらすのがおすすめです。

デスクワーク中も30分に一度は反らすように心がけてください。

マウスピースを使う

セルフケアでも対処しきれない場合は、専門のクリニックへ。

有効なのが”嚥下反射防止スプリント”を作ってもらう方法です。

左右の奥歯部分に、やや高さのある透明のピースをかぶせて、上下の歯が触れないようにします。

こうすることで唾液の飲みこみ回数を減らします。

装着するのは日中のみです。

慣れれば会話も支障なくこなせます。

歯科とも提携している心療内科などに相談するのがベターな選択です。