冷え:症状によって対処法も違うんです。冷えの種類をチェックして対策を。

東洋医学では。体が冷えやすいことは単なる「体質」だはなく「病」です。

だから「冷え性」ではなく「冷え症」と書きます。

実際、冷え症は、肩こり、腰痛、生理痛をはじめ、あらゆる病気や不定愁訴の原因にもなります。

改善しようとしなければ、進行する一方なので、将来的には大病につながりかねません。

大切なのは、自分の冷え症タイプを知り、それに合った改善法をとることです。

Q.なぜ冷え症になるの?

A.「気・血・水」のバランスが崩れるためです。

東洋医学では、体を健康に保つには「気・血・水」の3つがバランスよくきちんと循環するすとが不可欠と考えられています。

「気」は心身の活動に必要不可欠なエネルギー、「血」は血液、「水」は血液以外の体液を表します。

このうちの一つでも働きが悪くなると、すべての循環に支障が出て、冷え症をはじめとするあらゆる病気や不調の原因になるのです。

人間がいきいきとした状態でいるために必要不可欠なエネルギーです。

働きが悪くなると「全身冷え」「うつ冷え」「冷えのぼせ」になりやすいです。

血液のこと。血液がうまく全身を巡らなくなり、「血」のバランスが崩れると、「乾燥冷え」「下半身冷え」を招きます。

汗、尿、リンパ液など、血液以外の体液のこと。

バランスが崩れると「むくみ冷え」になりやすくなります。

Q.冷え症にはタイプがあるの?

A.6つの冷え症の種類があり、併せ持つ人が多いです。

冷え症には、6種類タイプがあります。

もともとの体質だけでなく、生活環境や年齢によって、どの冷え症タイプにもなり得るし、状況によって変わることもあります。

大切なのは、自分の冷え症タイプを知り、それに合った改善方法を知ることです。

あるタイプの人に効果がある方法が、別のタイプの人には逆効果ということはよくあります。

Q.冷やしていけないカラダの部位は?

A.お腹、首の後ろ、足首を温めるように意識します。

さまざまな体のパーツのなかでも、特に冷やしてはいけない場所があります。

それがお腹、首の後ろ、足首の3か所です。

お腹を温めると臓器の動きが活発になり、代謝機能が活性化します。

首の後ろは太い血管が通っているので、温めることで全身に血液が巡るようにします。

また、足先が冷えやすい人には特に足首を温めるのが効果的です。

種類別・冷え症診断

冷え症は大別して6種類あり、自分がどの症状かを知ることが改善への第一歩になります。

当てはまる特徴が多いものはどれかをチェックしましょう。

ほとんどの人2~3タイプを併せ持っているので、適した改善方法をミックスするのがおすすめです。

全身冷え:虚弱体質で寒がり

冷えの特徴

体全体が冷えているので、体温が36℃以下など低めです。

「気」が不足しているとなりやすいです。

「冷えている」という自覚があるため、冷え症としては6タイプ中いちばん対処しやすいです。

チェック表

【日常生活における特徴】

□ 食欲不振や食後の眠気がある

□ 体力がなく、常にだるい感じがする

□ 風邪をひきやすく、気管支炎になりやすい

□ 胃の調子が悪い

【生理の特徴】

□ 月経周期は短くなりがち

□ 血の色は淡い紅色でサラッとしている

□ 月経前や排卵期に風邪をひきやすい

□ 腸が弱く月経時に下痢しやすい

□ 経血量は少なめ

【肌の特徴】

□ 疲れが肌に出やすい

□ 顔色がよくない

エクササイズ

血行を促進し指先の冷えを和らげる指はさみ。

両手の指を交差させて組み合わせたら、すべてのゆびに力を入れて、指の股や指の側面をはさむように押し合います。

仕上げに指を1本ずつ上方向へ引っ張ります。

ツボ押し

「三陰交」を押すと全身の冷え解消に。

足の内側のくるぶしの頂点から、指4本分上にあるのが、冷え解消のツボとして知られているのが「三陰交」です。

両手で足を包み込むようにしながら親指を重ねて押してください。

乾燥冷え:肌荒れや抜け毛に悩む

冷えの特徴

冷えによって血液循環が悪くなっているため、常に顔色が悪いのが特徴です。

「血」がアンバランスだとなりやすく、肌や髪は乾燥しているのに、胃がチャプチャプ音を立てていたりすることもあります。

チェック表

【日常生活における特徴】

□ ほとんど汗をかかない

□ のぼせたり疲れたりするので長風呂ができない

□ 髪がぱさつく

□ 爪が薄く割れやすい

□ あざができやすい

□ 不眠症気味

□ 抜け毛や切れ毛、フケが多い

□ すぐ口が渇く

【生理の特徴】

□ 月経周期は遅れやすい

□ 経血量は少なめ

□ 生理痛は月経の終わり頃にある

【肌の特徴】

□ 乾燥して血色が悪い

□ クマができやすい

エクササイズ

冷えた体をほぐす片足正座ストレッチ。

背筋を伸ばして椅子に深く座ります。

次に片足だけ正座をしているような感じで曲げて、お尻の下に敷きます。

座り仕事の合間にも手軽にできるのが◎です。

左右行います。

ツボ押し

寒気やめまいがしたら「血海」を押そう。

膝の皿の内側の上端から指3本分上にあるツボが、寒気やめまいに聞く「血海」です。

両手の親指を重ねて、かなり強めにプッシュするのがコツです。

うつ冷え:ゆううつで元気が出ない

冷えの特徴

冷えで血液循環が悪化していることによって、代謝を正常に保つ自律神経の働きが乱れている状態です。

「気」のバランスが崩れているとなりがちです。

特に、月経時になる人が多いです。

チェック表

【日常生活における特徴】

□ めまいを起こしやすい

□ ストレス性の便秘や下痢が多い

□ よく胃が痛くなる

□ なかなか寝つけない

□ 不安感や全身の倦怠感が強い

□ お腹が張りやすい

□ 空咳が多い

【生理の特徴】

□ 月経周期は安定しない

□ 月経前、排卵日前後は気分が落ち込みやすい

□ 月経前、排卵日前後にお腹が張って苦しくなる

□ 経血量は少なめ

【肌の特徴】

□ 血色がよくない

□ ハリがない

エクササイズ

気分がスーッと軽くなるのびのびストレッチ。

仰向けの状態で、全身を上下にグーッと伸ばします。

思い切り伸ばしたら、一気に脱力、を繰り返します。

気分が晴れないときに行うのがおすすめです。

ツボ押し

寒くて眠れないときは「労宮」が強い味方に。

手を握ったとき、くする指と中指が当たる手のひらの部分の間にある「労宮」は寒気がして眠れないときに効くツボです。

親指の腹で気持ちいいと感じる強さで1~2分プッシュします。

下半身冷え:足腰が冷えて不眠がち

冷えの特徴

手足の先端が冷える、と感じている人はこのタイプです。

「血」のバランスが崩れるとなりやすく、症状が悪化すると、足の裏や上半身がのぼせる「冷えのぼせ」になってしまいます。

チェック表

【日常生活における特徴】

□ 肩こりがひどい

□ 顔や手がほてりやすい

□ 冷えるとお腹がキューッと痛くなる

□ 症状が悪化してのぼせるようになると、入浴が嫌になる

□ 口が渇きやすい

□ 冷えると尿意が近くなる

【生理の特徴】

□ 月経周期は遅れ気味

□ レベー状のかたまりが出やすい

□ 月経前、排卵日前後はニキビや便秘、肩こりなどがひどくなる

□ 経血は赤黒く、多め

【肌の特徴】

□ シミ、そばかすが多い

□ 顔色や唇の色がくすみがち

エクササイズ

足先までがポカポカになる片足上げストレッチ。

箱や階段など、台の代わりになるものに片足をかけます。

かけた足に体重を乗せたままお尻を伸ばします。

腰を両手で支えて、お腹を突き出すように押します。

左右行います。

ツボ押し

お尻の冷えに効く「承扶」をプッシュ!

お尻のすぐ真下にあるのが、お尻の冷えに効果のあるツボが「承扶」です。

人さし指、中指、薬指の3本でお尻を持ち上げるようにして承扶を押します。

むくみ冷え:水太り、下痢などが多い

冷えの特徴

お腹やお尻が特に冷えるのがこのタイプです。

「水」が滞っているときになりがちです。

下半身の筋肉がないことも原因の一つなので、筋トレで改善することもあります。

お風呂ではゆっくりお湯に浸かるのが◎です。

特に今話題の水素風呂は効果が高いようです。

チェック表

【日常生活における特徴】

□ 上半身がほてって汗ばむ

□ 手や足、腋の下など部分的に汗をかく

□ 膀胱炎になりやすい

□ 水分をよく摂る

□ 動いたり食事をすると大汗をかく

□ 立ちくらみをしやすい

□ 頭痛持ち

【生理の特徴】

□ 月経周期は遅れ気味

□ 生理痛は月経の初め頃にある

□ 月経前、排卵日前後はむくみやすく、関節の腫れを起こしやすい

□ レバー状のかたまりがたくさん出る

【肌の特徴】

□ たるみやすい

□ こめかみに青すじが立つ

エクササイズ

脚のだるさを和らげるむくみ解消ストレッチ。

脚を伸ばして座り、片脚を内側に曲げて4の字を作ります。

次に、伸ばした脚のほうへ上体をゆっくりと倒します。

手は上体と一緒に太ももから足先へすべらせます。

左右行います。

ツボ押し

ふくらはぎのむくみを感じたら「豊隆」を押して。

ふくらはぎの外側で、筋肉がいちばん盛り上がっているところにある「豊隆」はむくみに効くツボです。

親指で3~5秒押してゆっくり離すを何度か繰り返します。

冷えのぼせ:イライラして便秘がち

冷えの特徴

下半身を中心にとにかく冷えているのに自覚がないのが、「冷えのぼせ」です。

汗をかきやすく、かいた汗が冷えることでさらに冷えてしまいます。

「気」が逆上することでなりやすいです。

チェック表

【日常生活における特徴】

□ 突然カーッとほてって汗をかくことがある(特に上半身)

□ 突然スーッと冷える

□ ゲップのような、こみ上げるお腹の張りを起こす

□ とく不安や焦燥感に襲われる

□ ヒステリーを起こしやすい

□ 不眠がち

【生理の特徴】

□ 月経周期は安定しない

□ 月経前、排卵日前後は、過食になったり、突然泣きたくなったりと、情緒不安定になる

□ 生理痛はあまりない

【肌の特徴】

□ ニキビができやすい

□ 脂が浮きやすい

エクササイズ

寝る前に全身の力を抜いて複式呼吸を。

仰向けで大の字になり、手のひらを天井に向けて体の横に置きます。

足は肩幅に開きます。

そのまま目を閉じて、ゆっくりと腹式呼吸をしてリラックスしましょう。

ツボ押し

情緒不安定に効く「神門」をマッサージ。

手のひら側の手首の、いちばん小指側の端にあるツボ「神門」を親指で優しくマッサージします。

どこででもできるので仕事中、ストレスを感じたときなどにおすすめです。