体臭でもう悩まない!

 

人間に体臭があるのは当然です。

悩みすぎの人が多いのは気にります。

本来、体臭はその人の個性であり、尊重するべきその人の生活のニオイです。

現代人は過剰なまでに無臭志向ですが、これは、人間関係が希薄になってきたことと大いに関係があると思います。

とはいえ、強烈な体臭が他人に不快感を与えることを思えば、自分のニオイが気になるのは当然です。

ワキガを筆頭に足や頭、性器周辺のニオイなど、どうしても悩みは深刻になっていきます。

また、ふだんは体臭が気にならない人でも、夏など汗のニオイには敏感になってしまうものです。

体臭の悩みNo.1ワキガについて。

ワキガで悩んでいる人はラッキーだと思ったほうがいいようです。

数多い選択肢の中から自分に合った治療法が選べるからです。

ワキガの程度は腋の下の皮下に存在するアポクリン腺の大きさ次第です。

手術でアポクリン腺を取り除けば完治しますし、手術以外にニオイを軽減させる治療法もあります。

手術をすべきか否かはワキガの程度だけでなく、悩みの度合いとの兼ね合いで決まります。

単にニオイをなくすのではなく、その人が前向きになることが目的だからです。

なかにはエクリン腺から出る、通常の汗がこもったミオイをワキガと思い込み、悩み苦しむ人もいます。

試験切開すればアポクリン腺の有無は一目瞭然です。

クリニックで相談してみてはいかがでしょうか?

”消臭食品”を食べてニオイ予防。

動物性タンパク質や脂肪を多く摂ると、体臭は強くなります。

食生活の変化に伴い、若い人のアポクリン腺は大きくなっています。

体臭予防に役立つ”消臭食品”とは、梅干しやメカブなどのアルカリ性食品と、ビタミンC・E、ポリフェノール、イソフラボン、カテキンを含む抗酸化食品です。

腸内でニオイ物質の生成を抑え、血液に吸収されたニオイ物質を無臭化する働きがあります。

いい汗かいて、ニオイもデトックス。

汗臭くなるのはイヤだからと、エアコンの効いた部屋でじっとしているのは逆効果です。

スポーツなどでいい汗をかいて代謝を高めることは、実は体臭予防にも効果的なのです。

代謝が上がれば血行がよくなります。

体中の血液が腎臓に回る回数が増えれば、そのつどニオイ成分は尿といっしょに排出されるというわけです。

ニオイ成分は毒です。

溜めてはダメです。

気になる夏のニオイはどう抑える?

汗をかいた後は、誰だってニオイが気になります。

”腋の下にシューッ”は、いまや夏の常識ともいえそうです。

ただし、デオドラント剤は、自分の体質に合わせて配合成分まで気を使って選ぶべきです。

例えば殺菌効果の強いものは、重度のワキガの人には有効ですが、まったくワキガ体質ではない人が使うと逆効果です。

バリアの働きをしている常在菌まで死んでしまい、逆にニオイが強くなりかねません。

ワキガ体質かどうかは耳垢の状態が判断の目安になる。

ウエット

溶けたキャラメル状なら塩化ベンザルコニウムや銀配合のデオドラント剤を検討します。

湿っている状態ならフェノール系などマイルドな抗菌剤配合のものを検討します。

ドライ

フェノール系抗菌剤配合のデオドラント剤を使うか、あるいは消臭作用のある植物抽出エキスやカテキン配合のウェットシートで、腋を軽くふくだけでもOKです。

腋の下以外にも気になる部分が。

足の裏から出るエクリン腺の汗は、本来無臭です。

その汗が靴下や靴の中でムレて雑菌が繁殖すると、強烈なニオイを発することになります。

足の裏の場合、精神性発汗がほとんどです。

だから、”足の臭い人は心が優しい”と開き直ることも大切です。

有効なニオイ対策は、酢や木酢液で足を洗うことと、雑菌のエサとなる角質を軽石などで落とすことです。

また、靴はローテーションさせ、1日履いたら2日は休ませてください。

陰干しや消臭など、靴自体のケアも忘れないように。

特にブーツは要注意です。

陰部

性器周辺のニオイに悩む人は、男性より女性に多いようです。

月経時のニオイは、ほとんどがムレによるものです。

通気性のよい下着をつけ、ナプキンをこまめに取り替えることで予防できます。

ただし、おりもののニオイがおかしいときは、病気のサインかもしれませんので、産婦人科へ。

髪が周囲のニオイを吸着・濃縮したニオイと、頭皮に雑菌が繁殖して生じるニオイの複合臭。

ゴシゴシ洗いはNGです。

頭皮や毛髪の表面(キューティクル)が傷つき、雑菌やニオイ成分が入りこみます。

ソフトにマッサージする感じで洗います。

毎日洗うのはおすすめしません。