低血圧:生活に支障もある低血圧。体質だからと諦めないで!

 

午前中はいつもだるい、時々立ちくらみがする、夏は特につらい…。

血液循環がスムーズにいかず、こうした症状が起きるのが低血圧です。

多くは、血管の収縮・拡張を司る自律神経の働きが弱いことが原因と考えられます。

子供や高齢者、若い女性に多く見られる症状です。

命に関わる問題ではないから、と我慢して過ごしてしまうケースも少なくないけれど、ひどくなるとQOL(生活の質)を大きく下げてしまうこともあります。

きちんとケアすることをおすすめします。

立ちあがったときだけ血圧が下がる、というパターンもあります。

通常の血圧が正常値範囲でも、油断しないでください。

いずれにしても、自分でケアしても症状が緩和しないときは、神経内科に相談をしてください。

自律神経の働きを強め、血圧を安定させる薬剤などで対処します。

底血圧とは?

動脈の内側にかかる圧を”mmhg”という単位で表す血圧。

心臓が収縮したときと拡張したときの両方の数値を測ります。

この数値が収縮時で100以下、または拡張時で60以下だと、低血圧と判断されます。

血液循環がスムーズにいかないことで、主に、心臓より上に症状が出ます。

脳に十分な血液が行かないためにめまいが起きたり、ひどくなると気を失ってしまうこともあります。

また、内耳や肩の筋肉の血行不良で、耳鳴りや肩こり、頭痛が起こることも多いです。

朝すっきり起きられず日中もだるく、夕方から元気になる、という体調の変化も特徴です。

低血圧の症状例

軽度だと…

□ 肩こり、頭痛

□ 耳鳴り

□ 朝起きられない

□ いつも元気がない

□ 目がかすむ

重度だと…

□ 立ちくらみ

□ 失神の発作

□ 目の前が暗くなる

原因は体質と生活習慣

立つ、座る、横になる。

どんなときも、血圧は自律神経やホルモンの働きによって微調整され、脳や体には一定の血液が送られています。

低血圧の人は体質的にこの2系統の働きが弱いです。

例えば寝起きや、駅のホームで走ったときにだるくなるのは、急な変化に血液循環が追いつかないためです。

そうした体質になってしまう原因はよくわかっていないのだけれど、一方で、生活習慣も大いに関係します。

運動不足で血管の収縮力が弱かったり、筋肉量が少なく血の巡りが悪かったりです。

食事の量が不十分で水分や塩分がきちんと摂れていないことなども一因になっています。

こんな時に起こりやすい

食事の後

まずはだるくなりがちなシチュエーションを把握して、対策に役立ててください。

食後は消化器に血液が多く集まるため、ほかの器官は休憩モードになります。

そのため、だるいなどの症状が起きやすいです。

入浴後

体が温まると、体温調節のために皮膚の血管に血液が集まります。

風呂から上がるときにめまいなどが起こりやすいです。

座って体を拭くなどの工夫をしてください。

飲酒後も同じことが起きるので注意したいです。

夏の、厚さが盛んなときも同様です。

運動時

筋肉に血流が集中するため、体のあらゆるところに血が回らなくなり、食後同様にだるくなります。

気分が悪くなってきたら無理をせず休むことです。

改善のためにできること

頭を高くして寝る

夜更かしせず、体本来のサイクルに合った睡眠を取るとともに、すっきり起きるには、ベッドの頭側の脚だけ15cmほど高くします。

こうすることで、朝に分泌される昇圧ホルモンという血圧を上げる成分が、夜の間にで始めます。

体が早くから準備を始めるため、寝起きが良くなります。

朝食を必ず摂ろう

体を活性化し、血液をきちんと巡らせるために、朝食は抜かないことです。

水分と塩分を必ず摂ってください。

時間がなければ、味噌汁やカップスープだけでも飲んでください。

ほかに、血圧を維持するために役立つのはコーヒーやチーズです。

特にチーズにはチラミンという血圧を上げる成分が多く、おすすめです。

朝食にぜひひとかけ口に入れてください。

おすすめは水泳

運動もぜひ取り入れたいです。

心臓が活発に鼓動し、血管が収縮・拡張することで心循環器系働きが良くなります。

ただし、激しい運動は逆効果です。

ベストは水泳です。

水に入ることで血管が収縮し、また水圧がかかることも血圧を保つのには効果的です。

暑くない季節なら、野外でのウォーキングもおすすめです。

 

起立性低血圧症とは?

ふだんの血圧は問題ないのに、立ち上がったときにめまいがするのがこの起立性低血圧症です。

やはり急な体位の変化に自律神経がついていけず、脳の血圧が一気に下がることが原因です。

座っているときと立ったときの血圧の差が20以上あることが診断の目安です。

一般の低血圧症同様、食後や入浴後、運動時などに起きやすいです。

気配を感じたらすぐに座り、前かがみになって、頭と心臓を同じ高さにします。

椅子がなければそのまましゃがみましょう。