五月病:正しい知識を持って対処したい、心とからだのSOS。

 

進学や就職、転職、異動。

春はなにかと転機になる出来事の多い季節です。

ゴールデンウィークが明けた頃、気持ちいい初夏のはずなのに、なんだかやる気が起きない、元気が出ない。

そんな経験をしたことがある人も多いのでは?

こんなとき、真っ先に思い浮かぶのが”五月病”という言葉。

五月病は、医学用語ではありません。

明確な定義もありません。

でも、気のせいだとか、根性が足りないからだとか、そう言い切ってしまうのは危険です。

症状が出てしまったら、それはやはり病気、または、病気の前段階です。

きちんと対処する必要があります。

五月病って、そもそも何?

あえて病名をつけるなら、適応障害の一例あるいはその前段階。

環境の変化が原因となって、3ヶ月以内に何らかの症状が出るというものです。

もともとは、厳しい受験や就職活動を乗り越えた人たちが、一段落した頃に、自分の存在意義や目標を見失って陥る、いわば”燃え尽き症候群”を指して生まれた言葉です。

現在は、それよりもむしろ新しい環境下での”人間関係の築き直し”がストレスになって起こるケースが多いように思います。

だから、新入生や新入社員だけでなく、例えば、リストラや転職の多い中高年層にもその症状は見られます。

原因となる環境の変化も多種多様なので、時期も、昔ほど集中しなくなっています。

どんな症状が現れるの?

心ばかりではなく、体にも何らかのサインが出ることが多いです。

なかには、心には何の症状も認められないのに、体だけに現れる場合もあります。

原因不明の体調不良は、もしかして五月病の症状かもしれません。

なんとなくだるいといった漠然とした不調以外にも、もっと具体的な症状が現れることもあります。

例えば、微熱が続くとか、頭痛、肩こり、お腹の調子が悪いなどといった症状もあります。

心の症状がなければ五月病だとは気づきにくいです。

いろいろ調べても異常が見つからないからと、内科などから紹介を受けて心療内科

に行く人もいます。

なんだか元気が出なくて疲れやすく、何かをしようという意欲がなくなったり、外出して誰かに会うのも億劫になったりという、いわゆる”うつ状態”になります。

集中力も落ちてくるため、仕事や勉強がうまくこなせなくなることもあります。

朝、会社に行きたくない、行けないといった症状は、病気というより怠け病ととらえられてしまいがちだし、自覚もしづらいです。

うつとは違うんですか?

”うつ状態=うつ病”だと思っている人も多いと思いますが、それは誤りです。

うつ状態を引き起こす要因のひとつとして五月病を含む適応障害があり、別の要因としてうつ病があるのです。

つまり、同様の症状が見られても、五月病とうつ病は違うのです。

うつ状態になる要因にはほかに、身近な人の死、大失恋などといったライフイベントや、悲観的な性格なども考えられます。

五月病もそうですが、適応障害には必ず原因があります。

一方、うつ病には原因はなくて、周期的にうつ症状が出ます。

一見、原因に思えることも、うつ病の場合はあくまでもキッカケにすぎません。

こんなことが五月病の原因に…。

大半は環境の変化にまつわる人間関係のストレスです。

女性の場合、妊娠・出産や介護、夫の転勤で社宅に入るといったことも原因になります。

真面目で責任感が強く、白黒つけないと気が済まない人ほどなりやすいといえます。

また、ストレスに対する抵抗力の弱さも指摘されています。

いまの若者は怒られ慣れていないから、上司に厳しく言われたら、人格を否定された気になりやすいです。

病院に行くべき?

病気か否かの判断基準は、社会性が維持できているかどうかです。

毎朝つらくても、なんとか家を出られて、ギリギリでも間に合うなら、それは健康な範囲だと思います。

でも、遅刻が続いたり休みがちになっているなら要注意です。

もし会社に行けない日が続くなら、心療内科などを受診してみるのも手です。

ストレスの原因を突きとめるだけでもすいぶんラクになります。

何の対策もなしで無理を続けるとうつ病になる可能性もあります。

自分でできる対処法は?

できることなら原因を取り除いてしまいたい。

でもなかなかそうはいかないのが現実です。

だから、とにかくまずは休むことです。

そして睡眠をしっかりとることが重要です。

特になりはじめや回復期には、積極的に気分転換をしましょう。

好きなことに打ち込んで、楽しい時間を過ごすことです。

カラオケや友達とのおしゃべりも◎です。

よく眠れるようになるので、なるべく体も動かしたいものです。

何か新しい目標を見つけることも、症状の改善につながります。

五月病には脱毛も有効!?

五月病の原因は人間関係のストレスが大きな原因のひとつですが、その人間関係に自信を持つ方法のひとつに脱毛があります。

脱毛で自分磨きをすれば、自分に自信が持てます。

自分に自信があると、周りの人たちもあなたに好感を持ちます。

そうすると人間関係も良くなってきます。

その脱毛でも医療脱毛が有効です。

自己処理ではお肌を傷める原因にもなりますし、エステ脱毛サロンだと終わりのないムダ毛処理をするだけですし、時間がとてもかかります。

早く自分に自信を持つには医療脱毛がおすすめです。

「よかね~福岡の医療脱毛」は特に福岡の医療脱毛クリニックをおすすめしているサイトですので、役に立つんじゃないかと思います。