パニック障害:不安で息苦しい

 

ここ最近、耳にすることが増えている”パニック障害”という病名。

これは、驚いたり慌てたりしてパニックに陥る状態とは異なります。

ある日、何の前触れもなく、いきなり激しい動悸や息苦しさや不安などのパニック発作に襲われる心の病気です。

例えば、電車に乗っているとき、外を歩いているとき、家でくつろいでいるときなど、発作を起こす理由がなにもない”予期しない場面”で突然起こります。

そのため、原因がなにかわからずに放置し、症状を悪化させてしまう人もいます。

発作自体を抑えるのはそう難しくないので、専門の精神科医がいる医療機関で早めに適切な治療を受けることが大切です。

どんな症状がでるの?

口から心臓が飛び出そうなほど激しい動悸や息苦しさ、手足や体全体の震え、めまいやふらつき、冷や汗やのぼせ、また現実感が薄くなり自分が自分でない気がする”離人症状”など、起こり得る症状は10種類以上にも及びます。

これらのうち4つ以上がまとめて一度に起きるのが特徴です。

発作は10分以内にピークに達し、通常は20~30分、長くても1時間以内に治まりますが、症状が強烈なために、「また起こったらどうしよう・・・。」と不安や恐怖が頭から離れなくなることがあります。

この予期不安が1ヵ月以上続き、発作を繰り返す場合は、パニック障害である可能性が高いです。

一番の問題は「予期不安」

パニック障害で厄介なのが、まだ起きていない発作を恐れて不安が募ってしまう予期不安です。

しつこく予期不安が続き、そこから次の発作が起き、また不安が増す悪循環に陥ることもあります。

また、症状が悪化すると発作を起こした場所を避ける広場恐怖というほかの不安障害を合併し、外出できなくなるほど、日常生活に支障が出てくることもあります。

パニック障害の症状

  • 動悸、心拍数の増加
  • 発汗
  • 身震い、または震え
  • 息切れ感、または息苦しさ
  • 窒息感
  • 胸痛、または胸部の不快感
  • 吐き気、または腹部の不快感
  • めまい感、ふらつく感じ、気が遠くなる
  • 現実感が無くなる
  • コントロールを失うことへに対する恐怖感
  • 死への恐怖感
  • 感覚の麻痺、またはうずき
  • 冷感、または熱感

何の前触れもなく発作が起こる理由

パニック発作の原因はまだはっきりと分かっていないが、脳内にある「青斑核」が何らかの原因で誤作動を起こすからでは、といわれています。

もともと身の危険や不安を感じると、青斑核からノルアドレナリンという神経伝達物質が分泌されますが、何の危険もない状況のときに青斑核が勘違いをして、必要もないのにノルアドレナリンを異常分泌してしまうのです。

そのためにさまざまな症状が起こるとも考えられます。

どんな人がなりやすいの?

発症するのは、圧倒的に20~30代の女性が多いです。

月経などによるホルモンの変化や社会的ストレスを強く受ける環境からの影響が考えられます。

そのほか、親が発作を起こしているとその子供もなりやすい・・・といった遺伝的な要因もあります。

また、過度なストレス、過労、運動不足、喫煙も引き金になります。

特に肉体的に疲れている時は注意が必要です。

筋肉に疲労物質の乳酸が溜まると発作が出やすともいわれています。

なりやすいのは・・・

  • 20~30代の女性
  • 過度にストレスを抱えている人
  • 過労気味の人
  • 親がパニック障害を起こしている人
  • 運動不足の人
  • 喫煙者

 

治療や対処法で大切なこと

自分を責めすぎない。

パニック障害は、性格が弱かったり、怠けグセから発作するものではないことを知りましょう。

予期不安や広場恐怖が強くなると、学校や会社に行くのも難しくなることがありますが、「自分の甘えのせい」と攻めすぎないことです。

かえって症状が悪化してしまいます。

規則正しい生活を送る。

不規則な生活が続くと、自律神経のバランスが崩れて不安定になり、発作が起こることがあります。

まずは生活のリズムを整えることです。

夜型の人は生活を朝型に変えるなど。

毎日寝る時間や起きる時間を一定にして、食事も決まった時間に3度きちんと摂る習慣をつけます。

適度な運動や息抜きをする

心身の緊張をほぐす適度な運動や息抜きも、自分でできる対処法のひとつです。

運動なら、呼吸法でリラックスできるようなヨガ、気功、太極拳などがおすすめです。

友人とのおしゃべり、ショッピング、趣味に打ち込むなど、上手に気晴らしをすることも心がけましょう。

 

治療法は薬が中心。

脳の神経伝達物質の働きに異常が起こることが原因なので、それを正す薬で治療します。

症状が軽ければ発作は早く治まり、薬を徐々に減らして数カ月程度で治療が終わる場合もあります。

薬は専門医の指示通りに服用します。

自己判断で調節したり、中断すると逆に症状を長引かせます。

避けたいものは・・・。

パニック発作を引き起こす原因をなるべく取り除くために、こんな嗜好品の取りすぎに気をつけます。

タバコやコーヒーに含まれるカフェインは、脳の神経に作用して発作を引き起こす誘因といわれるので注意をしてください。

そのほかにも、炭酸飲料やアルコールも発症と関りがあるとされています。