おばあちゃんの知恵:昔ながらの15の健康法

 

子供の頃、おばあちゃんが教えてくれたような、昔ながらの生活の知恵。

「理由はわからないけれど、試したらよく効く」というような理屈でははっきり説明できないようなものもたくさんありますが、生活の知恵=今まで故人たちが積み上げてきた「工夫」と「体験」の賜物です。

科学的に証明できないこともひっくるめて、昔の生活の中から生まれてきたアイデアを楽しみ、役立ててほしいと思います。

風邪対策&健康法

喉が痛いときは…

喉が痛いときは、殺菌作用のある緑茶でうがいを。

それでも治らず熱っぽくなってきたら、焦げない程度に軽く焼いた梅干しを湯飲みに入れて、上から熱い緑茶を注いだ梅干し茶を飲むと治りが早い。

頭痛に生姜ごま油

頭痛がするときには、額やこめかみに生姜ごま油を塗る。

作り方は簡単。

すりおろした生姜に少しだけごま油を落として練るだけ。

ベタつきが気になる場合は、塗ったうえからガーゼを当ててカバーを。

風邪のひき始めに

沸騰したお湯に鰹節を入れて煮出したら、たっぷりすりおろした生姜と、お好みで少量の味噌を溶かし入れて和風スープに。

みじん切りしたネギを散らして飲むと、体が温まり、風邪予防に効果的。

 

咳止めに大根蜂蜜汁

密閉容器に適当な大きさに切った大根を入れ、その上から蜂蜜をかけて冷蔵庫へ。

1~2日程度たつと大根から水分がしみ出てきて”大根の蜂蜜汁”が出来上がる。

飲むと咳が治まるので、試してみて。

青じそ酒で風邪予防

青じそ(100枚くらい)を水洗いして半日陰干しにし、ホワイトリカー1.8リットルに氷砂糖0.2~1kg入れる。

3ヶ月ほど冷暗所で漬け込み、青じそを取り出せば青じそ酒が完成。

毎日寝る前にスプーン2~3杯を飲む。

虫刺され&傷

トゲ

トゲが刺さって取れないときは、すりおろした里芋やつぶした梅肉を患部に塗る。

絆創膏を当てて一晩置いておくと、あら不思議!次第にトゲの頭が押し出されてくる。

ほかにも蜂蜜を塗るといった方法が。

蚊に刺されたら石けん水

蚊に刺されたら、できるだけ早く石けん水で刺された部分を洗い落とすとかゆみが止まる。

また、石けんに少し水をつけ、刺された部分に直接擦り込み、一晩そのままに。

赤みも腫れもなく、痕も残らない。

こぶ

おでこを打ったり、膝をぶつけてコブを作ってしまったときの応急処置に効くのが、なんと砂糖。

水を数滴だけ垂らしてどろっとした状態にした砂糖を患部に塗っておくと、1~2時間で腫れが引く。

 

あせも

昔からあせもに効くといわれる桃の葉。

摘んだ桃の葉を生のまま煮だし、湯船に入れる。

保存する場合は乾燥させて。

とはいえ、桃の葉は手に入りにくいので、同じく、あせもに効果的なゴクダミやヨモギの葉も可。

疲労回復&安眠

熱帯夜には小豆の枕

昔から、暑い日は熱を逃がし、寒い日は温かさを保ってくれるという小豆枕。

暑くて寝苦しい日は、ビニール袋に小豆を入れ冷蔵庫で冷やして枕に。

ひんやりした小豆の感触で快適に眠れる。

熱めのお湯に手首浸け

深めの洗面器の中に熱めのお湯を入れ手首まで浸ける。

その姿勢のまま、”グーパー運動”を繰り返すと、血行が次第に良くなってくる。

疲れや肩こりの解消に効果あり。

手足のむくみに生姜湯温湿布

たっぷりのすりおろし生姜を入れたお湯に、タオルを2枚浸して固く絞る。

1枚はお腹に、もう1枚は背中に30分くらい当てておくと、体が楽になり、むくみも引く。

途中、タオルが冷めてきたら交換を。

玉ねぎで安眠

玉ねぎの香り成分には神経を落ち着かせたり、疲労を回復させる作用がある。

よく眠れないときは、枕元に玉ねぎの切れ端やみじん切りを乗せた小皿を置くと、安眠効果が得られグッスリ眠れる。

 

耳たぶつまみで目がスッキリ

目がショボショボするほど疲れてきたら、耳たぶをマッサージ。耳たぶのちょうど真ん中にある、目の疲れを和らげてくれるツボを意識して、指でギュッとつまんだり、ゆっくりもみほぐしてみよう。

コンニャクで温湿布

もうひとつ、疲れやむくみの解消に効くのがコンニャク湿布。

コンニャクを茹でて水けを切り、タオルでくるむ。

それを温かいうちにお腹や脇腹、腰など、気持ちがいいと思う個所に温湿布代わりに当てればOK。