いびきは恋をしたら治そう

 

自分では制御不能な睡眠中のことだけに、不安を感じるのがいびきです。

治療が必要な「睡眠時無呼吸症候群」の心配もないわけではありませんが、とりたてて肥満でもない若い女性なら、大半は「単純いびき症」です。

”症”と名付けられてはいますが、治さなければ体に害をなすとうものではありません。

とはいえ、他人に指摘されると結構ショックです。

また、口呼吸になってしまうので、乾燥から喉の炎症を起こしやすくなることもあります。

まずはいびきを録音するなどして観察、気になるなら病院へ行きましょう。

原因次第では、案外あっさり改善されるケースも多いので、あまり悩むこともありません。

あの音はどこから?いびきのメカニズム

鼻から入った空気は、喉を通って気管・肺へと進みます。

睡眠中に、この空気の通り道(気道)のどこかが狭くなってしまうと、そこを無理に通ろうとした空気が喉の筋肉を震わせ、振動音を発生させます。

眠ると全身の筋肉はゆるみます。

喉の筋肉も緊張がなくなり、ブルブルと振動しやすくなるというわけです。

実は鼻づまりが原因になっていることも!

いまや国民病ともいわれるアレルギー性鼻炎。

鼻の粘膜の腫れによる鼻づまりが、いびきの原因としては圧倒的に多いそうです。

口呼吸の習慣がついてしまい、いびきが出やすくなるのです。

昼間は平気な人でも、睡眠時には詰まっている可能性もあります。

そもそも自律神経の関係で、夜になると粘膜は晴れてくるものなのです。

ほかに、いびきをかきやすい喉の形状や扁桃腺肥大などの原因もあるが、並行して鼻の治療も必要なケースが大半です。

いびきを記録して聞いてみよう。

実際に録音してみたら、何でもなかったという人も多いようです。

友達にいびきを指摘されたのは、お酒を飲んだ夜だったかもしれません。

お酒を飲んで寝ると、鼻の粘膜はうっ血して詰まりやすくなるし、喉周辺の粘膜も腫れます。

飲酒後のいびきは、むしろ”生きている証拠”です。

【ポイント】

  • ICレコーダーは避ける
    記録媒体は何でもよいが、ICレコーダーなど、本体から取り外せず、提出できないものは不可。
  • いろんな時間帯で記録を
    寝入りばなや深夜熟睡時、朝方の目覚め前など。一人の場合はタイマーをかけて録音しよう。
  • 食べすぎ、飲みすぎの後は×
    そのような場合にだけ発生するいびきは治療の対象外。通常の状態で記録を取ることが大切。

試してみたい!自分でできるいびき対策。

まずは就寝時に市販の点鼻薬を使ってみます。

これで改善するようなら、耳鼻咽喉科で鼻を治療すれば悩みは解消されます。

効果がなければ、喉の形状問題かもしれません。

仰向けに寝ない工夫をしたり、枕などで15~20度の傾斜をつけて頭部を上げて寝たり、いろいろ試してみます。

自分がどういう寝姿のとき、いびきをかくのかがわかればベストです。

対策も立てやすくなります。

喉の手術は良く検討してから。

美容外科などで口蓋垂や軟口蓋を切って、結局いびきが治らず耳鼻咽喉科に行く人もけっこういます。

いびきのための手術は保険が利かないし、体にも負担がかかります。

安易におすすめはしません。

いびきに悩んでいる人は、まずは耳鼻咽喉科に行くのがよさそうです。