胃腸の弱い人はよく煮たものを食べる

Posted by shigeki mori on 2017年5月22日 with No Comments

いろいろな会に出て思うのは、健康で長生きしている人は、胃腸が丈夫だということです。
食事会に出ると、元気な方は、高齢であっても本当においしそうに肉でも魚でも野菜でも、もりもりと食べておられます。

胃腸の強い人は、食べることを楽しみながら、ますます元気になってくださればと思います。

では、胃腸が弱い人はどうすればいいのか。

丈夫な人と同じように食べていては、胃腸が参ってしまいます。
胃腸をいたわるような食べ方をしてください。

まずは、食べ過ぎないことです。
力の弱い人は重い荷物を持てません。
それと同じで、弱い胃腸は、たくさんの食べ物が負担になります。
暴飲暴食、冷たいもののとり過ぎは、胃腸の弱い人には、健康に支障をきたす大きな原因になります。

さらに、胃腸が弱い人は、生ものではなく、煮たものを食べるようにした方がいいでしょう。
大根や芋などの根菜類を中心にするといいのではないでしょうか。
根菜類は、中国医学では、体力を補う作用があるとされています。
疲れていたり、病気のときなどは、煮た根菜類を食べることで体力を回復させることができます。
私は、胃腸が丈夫な方なので、何でも好きなものを食べていますが、それでも、胃腸にやさしい芋の煮っ転がしなどが本当に好きで、酒の肴やおかずとして、よく食べます。

貝原益軒は、胃腸の弱い人は焼き魚を食べるのがいいといっています。
焼き魚は、大根おろしを添えて食べることで、消化が促進されて、胃腸をいたわることができます。

好きなものを少しだけ食べる

Posted by shigeki mori on 2017年5月12日 with No Comments

私は、基本的に好きなものだけ食べるようにしています。
いろいろな料理がテーブルに並んでいても、好きな料理にしか手を出しません。
気を使ってよそってくれる方もいますが、あまり好きでないものは、丁重にお断りしています。

私は、食事を通していのちのエネルギーを高めるには、「おいしい!」と喜びながら食べることが一番だと考えています。
食材の良し悪しがよくいわれますが、それにあまりこだわりすぎると、せっかくの楽しい食事がとても窮屈になってしまい、心がときめきません。
心がときめかないと、いのちのエネルギーは高まっていかず、結果的に、体にいいものを食べているにもかかわらず、体を壊してしまうということにもなってしまいます。

しかし、いくら好物でも、食べ過ぎはいけません。
「もうちょっとだけ」と思う時点が、食べ物でもお酒でも、一番おいしく感じる瞬間なのです。
そこで、止めておく。
これが、食養生のポイントです。

飲みすぎたり食べ過ぎる人は「わかちゃいるけど、やめられない」というタイプn人が多く、あとで気持ちが悪くなったりするのを何度も経験しているにもかかわらず、ついつい手が出てしまうのです。
せっかく、好きなものを食べて幸せな気持ちになっているのに、これでは台無しです。
高まったいのちのエネルギーも、一気に低下してしまいます。

おいしいと思える自分の感覚を大切にしていれば、食べ過ぎたり飲みすぎたりすることはありません。
まわりの雰囲気に振り回されず、自分にとって、どれくらいの量がおいしいのか、しっかりと踏まえて、好きなものを腹八分、おいしくいただくことこそ、健康的な食べ方と言えます。

”食事”をただにエサにしない

Posted by shigeki mori on 2017年5月2日 with No Comments

食生活は、食べたものが血となり肉となるといわれるように、健康ととても密接な関係があります。

私は、何を食べればいいかと問われたときには、まず旬のものを食べましょうと答えます。

食というのは、大地のエネルギーをいただくことです。
旬のものがもっともエネルギーが高いと思うからです。

そして、あまり加工や精製のされていないものです。
加工度が高まれば高まるほど、大地のエネルギーは減ってしまいます。

また、動物性の食品よりも、植物性の食品の方が、大地のエネルギーは高い思います。

療養法として日ごろからそういってことをお話ししていますが、それ以上に大切だと思っていることがあります。

それは、「おいしい」という心のときめきです。

食べたいものをがまんしたり、苦手なものを無理に食べるのは、心のときめきを阻害してしまいます。

心がときめくと、自然治癒力が高まります。

自然治癒力が高まれば、病気になりにくくなり、健康な生活が送れます。

健康にいい食生活というのは、大地のエネルギーをふんだんに含んだものを、喜びとともに食べることをいいます。

食べることは本当に幸せのもとです。

その幸せを味わいながら、豊かな食生活を送ってくだされば、それが一番の養生法だと思います。

便秘のタイプと解消法

Posted by shigeki mori on 2017年3月25日 with No Comments

空気が乾燥する冬は便秘が起きやすい時期です。
低気温と乾燥によって腸内のうるおいが不足気味になります。
その結果、便も水分が不足して硬くなり、排泄しにくくなります。

便秘のタイプ

  • 習慣性の便秘
    忙しく、つい便意をがまんしたり、薬などの使用が多いことが原因です。
    1日1回排便があるようにリズムを作る。
    朝起きぬけに冷たい水をコップ1~2杯飲む。
    薬の使用は極力控え、食物繊維を多く含む食品やヨーグルトなどを積極的に摂る。
  • 弛緩性の便秘
    長期療養や運動不足により腸の働きが鈍くなることが原因
    腸の働きを活発にする
    毎日適度な運動、特に腹筋の強化を
    水分、食物繊維を多く含むヨーグルトなどを積極的に摂る
  • 痙攣性の便秘
    ストレスなどにより自律神経のバランスが崩れ、結腸に痙攣が起きることが原因
    腸の緊張をとる
    他のタイプと異なり、食物繊維の多い食品や香辛料、コーヒーなどの刺激物を控え、消化の良いものを

便秘は良くない?

超内容物=「食べかす」をいつまでもお腹の中に持ち続けていると、微生物によりたんぱく質などが腐敗を起こし、さまざまな有害物質に変わります。
有害物質は体内に吸収されて、発がん、腸ポリープ、胃腸障害などさまざまな病的状態を引き起こします。

便秘予防と対策

  1. 便意があったらがまんしない
  2. できるだけ便秘薬に頼らない
  3. 生活習慣を見直し、しっかりと睡眠をとる。
    (ストレスをためない)
  4. 食事は、朝昼晩と規則正しくとる
  5. 適度な運動をして腹筋を鍛える
    (腸の排便機能を高める)

http://about-placenta.net/

災害生活のセルフケア

Posted by shigeki mori on 2017年2月28日 with No Comments

災害が起きた時は生活はセルフケアが非常に大切になります。

頻繁に測定してみる

自分の健康状態を自分がうまくセルフケアできているかを確認するために、様々な数値を測りましょう。

測定器を持っていない人は医療スタッフから相談してみるのもいいでしょう。

この時に水素の測定器があると自分で水素濃度もはかれて便利です。

体重測定

太ってきた

食べすぎと運動不足に注意しましょう。

痩せてきた

血糖コントロールの悪化が心配です。
早く医師にそうだんしましょう。

血圧測定

高いとき

塩分の摂りすぎ降圧薬の中断、不眠ストレスが溜まっている可能性があります。

血糖測定

自分で測定器を持っている方は食事の前後にチェックしてください。
持っている方は医療スタッフに相談してください。

水素濃度測定器

持っていれば便利という程度です。

治療を中断しないように

薬物療法をしている方もそうでない方も治療を中断しないでください。

食べ物が不足しているときは薬の量を半分にして経過を見てください。

薬がないときは医療スタッフに相談しましょう。

水素は http://hydrogen-abc.xyz/に詳しく書かれています。

ひと口に「交際費」と言っても内訳いろいろ

Posted by shigeki mori on 2017年2月2日 with No Comments

節約と貯金についてファイナンシャルプランナーから解説させていただくと、お金の使い方は「消費」「浪費」「投資」の3つに分けられます。

「消費」は食費や水道光熱費、被服費など、生活するために必要な物にお金を使うことです。

「浪費」は携帯電話代、意味のない飲み会、ぜいたくすぎる食事、保障内容も知らない生命保険料、タバコ&お酒などの嗜好品、車のローン&ガソリン代などです。

そして「投資」は、将来の自分にとって有益なものにお金を使うことです。

これは投資信託や資産運用に限らず、習い事代や本代といった自己投資費用も含まれます。

減らすべきは「浪費」と必要以上の偏った「消費」の一部です。

「お金はとにかく使わない」という極端な考え方はNGです。

「ケチ」は誰からも相手にされません。

そのためにも、まずは自分の出費の一つひとつが「消費」「浪費」「投資」のどれに当たるか分けてみてください。

その際、気を付けたいのは「交際費=浪費」と一括区分けしないことです。

同じ交際費でも、愚痴を言い合って飲み明かすのは「浪費」、仕事の人脈を築くためなら「投資」といった具合です。

結局、例えば消費が15万円、浪費が3万円、投資が2万円だったとしましょう。

毎月の支出比率は、75%が消費、15%が浪費、10%が投資です。

金額ではなく、大切なのは支出比率です。

毎月比率をチェックしましょう。

浪費とできれば、消費を減らし、貯金を含めた投資を増やせば、自然と貯蓄体質になれるでしょう。

白髪対策は染めるよりも飲む!

Posted by shigeki mori on 2017年1月31日 with No Comments

ガ~ン「おばあちゃん」と呼ばれてしまった。

鏡を見ると、白髪が目立ち、髪はパサパサ。

これでは、おばあちゃんだわ・・・。

そんな話を先輩にしたら「私は30代に間違えられたわよ」と言うのです。

確かに、年上なのに髪は黒々ツヤツヤ。

「どこで染めているんですか?」との追求に「染めてないわよ」よ予想外の回答が!

一体どうなってるのお?

白髪・薄毛の先輩が驚きの「ツヤツヤ美髪」に

2年前の先輩は白髪・薄毛の老け印象でした。

それが久しぶりに会うと、黒髪が豊かで若々しく30代と間違えられてもおかしくない。

容赦ない疑いの眼差しに、「本当よ。染めずに飲んでいるの」と教えてくれたのが『ブラックサプリEX』だったのです。

「えっ、飲む?」とビックリ仰天。

しかし、激変した先輩を見たら試さずにはいられません。

おや、白かった根元が黒い?

最近、染めていないのに黒くツヤツヤ!

1本1本が太くコシがあって根元からふんわり。

髪のボリュームもアップしたかも・・・、うれしい変化が続くうちに「以前より若く見える!」と言われるように!

ペタンコ白髪ヘアでは似合わなかった華やかなファッションにも挑戦し、気分まで若返りました!

黒いだけじゃない、ボリュームも髪質も若々しくなれる「飲む」白髪対策を知った今、もう「染める」には戻れません。

特ダネ『烏骨鶏のにんにく卵黄』

Posted by shigeki mori on 2017年1月31日 with No Comments

よろこびの声がつぎつぎと

これは特ダネだ!とドキドキしながら詳細を調査開始です。

するとコレ、もともと「女性のしぼみ肌の為に」研究された物でした。

美肌作用を高める目的で烏骨鶏卵黄・発酵黒にんにく・椿種子エキス・亜麻仁油・ゴマ・納豆菌を特別の比率で配合されています。

発売したところ、「たるんでた肌が、もっちりパーンと!」「ほうれい線が目立たなくなった」等、美肌に関する声が殺到したそうです。

開発者いわく、「厳選した6つの原料が正解でした。予想以上の相乗作用が働きました!」との事です。

それを知って納得しました。

徹底的に試さねば!と継続したところ、これが日に日に違いを実感できました。

キメ、しっとり感まで一目瞭然です。

本当に信じられないのですが、今では毎日『ぷりぷりっ』っと、まるでむきたてのゆで卵状態です。

私以上に驚いているのが周囲の同僚です。

「へぇ~、にんにく卵黄でね~」と私の顔をじっくり見ては感心しきりです。

ここまでは良いのはまさに本物!

絶対試す価値大です。

見た目年齢は「ハリ感」で決まる!?

Posted by shigeki mori on 2017年1月31日 with No Comments

「目の下のたるみ」で損していませんか?

少しでも肌のなやみがある方にぜひご紹介したい、すごい物を発見しました!

美容ライターという仕事がら、毎日毎日、美容に良い商品を探して読者の皆さまにご紹介していますが、今回ご紹介するものはこれまでのトップ3に入る優れモノです!

これに度肝をぬかれました!

肌に良いと聞けば、有名な「コラーゲン」や「プラセンタ」などを想像されるでしょう。

それが違うのです。

なんとそれは「ツバキ薬粧」という会社の『烏骨鶏のにんにく卵黄』という商品。

え?と思われる方も多いかも知れません。

私自身、「にんにく卵黄と美容に何の関係が?」と最初は疑問でした。

ところが、これには度肝を抜かれたのです!

期待せずに試してみたら

見た目はどこにでもある「にんにく卵黄」。

正直、あまり期待せずに試飲開始。

ところがしばらくして、身体がポッと温まる感じが。

「もしかして?」と鏡を覗くと、顔がツヤ~!

慌てて今度は気になっていた目の下を押すと、押し返すような弾力!

頬を押すと吸い付くよう。

明らかに以前と違うのです。

特筆すべきはポリフェノール

Posted by shigeki mori on 2017年1月31日 with No Comments

なかでも特筆すべきは。ライチ特有のポリフェノール成分。

シミの原因となる肌表面の活性酸素を吸着し、お肌に負担をかけず、魔法のようにゴッソり取り除いてくれる。

他にも、ローズマリー、カモミール、などの6種の美肌ハーブがたっぷり含まれていて、お肌のターンオーバーを活性化。

表皮の奥に溜めこんだ潜伏メラニンをぐいぐい外へと押し出す。

つまり、肌表面のシミを取り除きつつ、隠れたシミ予備軍をも撃退してくれる。

ヒアルロン酸も含まれているから、保湿力も抜群で洗い上がりもしっとり。

この『朱の実』、地元セレブの芦屋マダムの間で「濃いシミが消える」と評判を呼び、口コミだけでどんどん売れていった石鹸。

特に60代以上のマダムから、「濃くて落ちにくい老斑やシミに実感があった」という喜びの電話や手紙が、毎日たくさん届いているというから、これはもう期待できる。

私も使ってみると、洗い上がりの肌はしっとりモチモチで、気持ちイイ!

2週間ほど続けると、ゴワゴワの黄ばんだ肌がハッとするほど明るく垢抜けていく。

気になるシミも少し薄くなってきた感じ。

洗顔後、余った泡をデコルテにまで広げて洗っているが、透明感が増し、胸元の開いた服も堂々と着こなせるようになった。

今お使いの石鹸を『朱の実』に替えるだけ、このシンプルな美白法。

シミ、なかでも老斑が気になる方にぜひ試して欲しい。